2007/01/29

SONNY, PLEASE

というわけで、今回はSonny Rollinsのアルバムのハナシ。一昨年の11月、忘れもしない "最後の来日公演"(出張でUSに行ってて、結局行けず…) のあとも、精力的に活動を行っている、御大 Sonny Rollins。今年は正月早々、久々のニューアルバムをリリースするなど、未だ元気(だったら、もう一回来日公演すりゃぁいいのに…)。

おおむね、色々なトコロでポジティヴな評価をされているので、ファンとしてはぜひとも聴いてみたく、とりあえず買ってみた。

Sonny, Please

ポジティヴな評価が多い中(実際、Grammyの "Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group" にもノミネートされてたりするし)、あえて今回は辛口なコメントを残してみる…。

何よりも目立ったのが、彼の音。「えっ、こんな感じの音だったっけ?」というのが率直な感想。嗚呼、何だか音にパワーが無くなってしまっているような感じが…。

昔の、聴くだけでカタルシスを覚えるような、あの太くて "ゴリゴリっ" としたパワフルな音の面影がまるで無いような気がする。

開きが大き目のマウスピースに、薄~いリードを当てて、とりあえず音量だけは出るような(でも、音自体はやせちゃうけど)セッティングで、無理して吹いているような、そんな音。なんか、聴いてて耳に(悪い意味で)キツく突き刺さっちゃうような、そんな感じ。

あと、テーマやソロのフレーズにもちょっとがっかり…。てゆーか、Sonny Rollinsって、こんなに "たどたどしく歌う" ような吹き方したっけか?

そんなこんなで、ちょっと失望…。

高校生の頃、初めて名作 "Saxophone Colossus" を聴いた時のような、あの興奮は、少なくとも、このアルバムには無いなぁ…。

まぁ、それはそれでしょうがないのか。これは、"アルバムが出ているコト自体がすごい" というような評価をしなくちゃいけないのかなぁ…。

嗚呼、Sonny, please...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

"彼" に続く若者たち

と書くと、ものすごく大げさではあるのだけれども…。

既に色々なトコロで話題になってはいるけれども、"彼" の訃報以降、数々の映像が YouTube に登場してきているわけで。で、ワタシもシゴトそっちのけ(爆)で色々と観ていたのだけれども、こんな映像を発見。

自分も、高校時代に同じような感じで音楽を演っていたので、ものすごく懐かしくなって…。

central east side jazz band-some skunk funk

高校(アメリカ)のJazzバンドで、"Some Skunk Funk" を演奏している映像。そりゃぁ、内容は稚拙で、アンサンブルなんか全然揃っていなかったりするんだけれども、ついつい最後まで聴いてしまったりして。

思えば、高校時代、こんな感じで毎日毎日学校の授業で、ビッグバンドやってたっけ…。さすがに Some Skunk Funk は演らなくて、Count Basieのレパートリーを結構メインにしていたけれども。

なんか、あの当時は楽器を吹くのが、ホントに楽しかった気がするなぁ…。思えば、あの当時の演奏体験が無かったら、その後毎日のように人前で演奏するようなコトしてなかっただろうに(笑)。

そう考えると、自分のミュージシャン時代って、この映像に出ているような高校生の頃の延長みたいなモノだったような…(爆)。

※だから "オトナ" な演奏ができなかったのか…!

この高校生たちの中から、ひょっとして "未来のMichael Brecker" が誕生するのかもしれない、と思うと、やっぱりアメリカって層が厚いんだねぇ…。

ふと思い出した、自身の高校時代。なんか、"彼" の死によって、また少し "青春の日々" が遠くなっていってしまったような…。

Donald Fagen の "Nightfly" の4曲目、"Maxine" の中でひと際輝く "彼" のソロを聴きつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007/01/16

ホントに「ウソ」だと言ってよ、マイケル…。

彼の死は、あまりにも、あまりにもショックで…。ここのところ涙無くしてテナーの音色を聴けなくなってしまっているのだけれども…。

ひたすら悲しみに打ちひしがれたまま、続報を調べてみる。

マイケル…、あんたはやっぱり、すごいよ…。

Tenor saxophonist Michael Brecker dies at age 57 in New York City

この記事によると、

Though very sick, Brecker managed to record a final album, as yet untitled, that was completed just two weeks ago. Pitt said the musician was very enthusiastic about the final work.

彼は、病の身でありながら、最後のレコーディングを行ったらしい。

さらに、色々と調べてみると、mixi の某コミュニティに、

「回復の見込みなしとわかってから最後のレコーディングをしたそうです。歩くのもやっとの状態なのに吹きはじめるとシャキっとマイケルらしいプレイをしてたそうです。2~3月頃の発売だそうです。」

という記述が残されていた。

すごい、あんたはすごすぎるよ…。

そういえば、まだ病魔に冒されていなかった彼が、BlueNoteで来日公演を行った時のこと。

凄まじい演奏を炸裂させまくったステージが終わって、アンコールに入った時だった。演奏中に、彼のサックスの左手パームキー部分のスプリングが壊れて、一瞬音が出なくなるというアクシデントが発生(要はふさがるべきキーがふさがらなくなってしまったわけで)。

普通のプレイヤーなら、ソコで演奏を止めてしまうんだけれども(てゆーか、ハッキリ言って壊れたら、一番シャレにならんトコロだし)、一瞬考えた彼は、右手でふさがらなくなってしまった左手のパームキーを押さえ、左手一本で超絶的なソロを取って、何食わぬ顔で(最後にちょっとだけ笑みを浮かべながら)最後まで吹き続けてしまった…。

その時、彼の超絶的な技術と共に、そのプロ根性に感動したのを覚えている。

そして、彼の死。

自分の死を覚悟した中、歩くのもやっとの状態で、最後に自分のサウンドを、この世に遺すべく、残された力を振り絞ってレコーディングを行ったマイケル…。

すごいよ、ホントに…。

でも、ホントに「ウソ」だと言ってよ、マイケル…。あなたの死を知った今、どういう気持ちであなたの新作を聴けっていうんだい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/15

「ウソ」だと言ってよ、マイケル…。

享年57歳…。当代随一のテナーサックス奏者であり、あのJohn Coltrane以来のテナー奏法の方向性を完全に決定づけたであろう巨匠 Michael Brecker 死去…。

Branford Marsalis と並んで、自分の "2大アイドル" だった Michael Brecker のあまりにも早過ぎる死(自分の父親よりも若いなんて…)。

何も言えず、ただただ涙は止らず、そしてひたすら、あのテナーサックスを聴きまくった週末…。

合掌…。

| | コメント (1) | トラックバック (2)

2007/01/09

クラシックを聴こうかという今日この頃

いや、別に "遅まきながらドラマに触発されて" とか、そういうのではなくて(笑)。コドモが、"実はJazzよりもクラシックが好きだった" という理由でもない…。

正直、"リラックスして聴けて、かつ楽しめる音楽が無い" というのが最たる理由になるのかな…。かれこれ今まで、リスナーとして、そして演奏者としても音楽に関わってきたのだけれども、一度 "シゴト" にして以来、本当の意味で音楽というものを楽しめなくなってきたような気がずっとしていたわけで。今はもちろんシゴトではないのだけれども、一度 "シゴト" という観点で音楽を聴いてしまうと、どうしても、その聴き方がアタマを離れなくなっていたりもする。街中で、店で、クルマで、自宅で、と色々なトコロで音楽を耳にするのだけれども、基本的に "自分がシゴトとして演奏した経験のある類の音楽" を聴いてしまうと、どうしても過剰に意識が傾いてしまう自分がいるわけで…。

Jazzだったりすると、もう大変で、ちょっとでも耳に聴こえてきたりすると、「××の○○というアルバムの△曲目の□□□という曲で、××のソロが、こんな感じではじまって…」というように、ある意味 "ココロを素の状態にして楽しむには余計過ぎる情報" ばかりがアタマの中を駆け巡ってしまう。

その他のジャンルの音楽でも、同じように感じてしまって、自分が何らかの形で演奏した経験があるモノに関しては、どうしても "素直に聴けない" という結果になってしまう…。

結局、聴いてて疲れちゃうわけで(爆)。

でも、音楽はやっぱり聴きたいと思っていたりもして、"聴きたいんだけれども、聴くと疲れるし…" というジレンマの中で何年も悶々としていた中、ふと "クラシックって疲れないじゃん" というコトを思って…。

考えてみれば、自分では一度も演奏をしたコトが無いし、これまでしっかりと聴きこんだ経験も無いので、すごく新鮮だったわけで。

で、まぁ "コドモも機嫌良くなるし、ちょうどよかろう" と(笑)。

結局は、今でも "演奏に対して未練タラタラな状態" と言ってしまえば、それまでなのだけれども(爆)。

コレで少しは音楽との付き合い方も変わってくるかな…。

あ、でも Jazzや、その他の音楽が嫌いになってしまったわけではないので。念のため(笑)。実際、月末あたりに、ちょっと久々にステージで吹こうか悩んでいたりもするしねぇ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/17

やっぱ、Kenny Kirklandなんだよねぇ…。

自分にとって、"アイドル的存在" といえば、(Michael Brecker も、そうなのだけれども)Branford Marsalis だったりするわけで。

で、その Branford Marsalis のバンドメンバーとして、ずっと活動を共にしていたピアニストといえば、(申し訳ないが Joey Calderazzo ではなく)やっぱり Kenny Kirkland。

既に若くして、この世を去ってしまったのだけれども(実は、もう8年も経っていたんだねぇ…)、今生きていたら、どれだけすごい音楽を残してくれていただろうか…、と思わせる。

Kenny Kirklandの演奏は、ずいぶんと聴いたのだけれども、考えてみれば、ほとんどBranford Marsalis のバンドでの演奏や、Michael Breckerのバンドでに演奏ばっかりで、リーダーアルバムって、実は1枚しか作っていなかったりする。

そんな Kenny Kirkland の演奏の中でも、まさに "最高のモノ" といえるモノは、やっぱりリーダーアルバムじゃなかったりするわけで。

すごく月並みなのだけれども、やはり Sting の "Bring On The Night" (ライヴ盤ね)の1曲目 "When the World Is Running Down You Make the Best Of What's Still Around (Live in Paris)" は、Kenny Kirkland自身の最高のパフォーマンスのみならず、おそらく "モードのソロの取り方のお手本" とも言うべきものかと思われるわけで。

11分という、ものすごく長い曲。4分を経過した頃から、Kenny Kirklandのソロは炸裂するわけだけれども、その圧倒的なドライヴ感とセンスは、何と言っていいのかよくわからないくらい凄まじい。

簡単に言うと、

「何をどう演ったら、一発モノで、こんなソロがとれるんだ?」

というくらいすごい。

たまたま朝っぱらから、コレを聴いてしまったのだけれども、シゴトする気が一気に失せて、楽器を手に取りたくなってしまった(爆)。

すげぇや…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/30

UAに始まり、安藤裕子に続き…

UAと菊地成孔のアルバム から始まり、Merry Andrew を語り、気づけば今回も似たようなハナシ。最近深夜にひとりシゴトをしつつ音楽を聴いている時間が増えてきたので(爆)。

で、今回は、コレも今更ながら…、って感じはするのだけれども "椎名林檎" のハナシ。

いやぁ、コレまで何気なく聴いてきたんだけれども、一旦気になってしまうと、とことん気になってしまうわけで。

で、今回は2曲。 "真夜中は純潔" と、カップリングされている "シドと白昼夢" について。"真夜中は純潔" については、リリースされたときの状況も含め、今更ココで語る必要も無く、あちこちで評価されていたりしているので、ココでは割愛するのだけれども、どうしても個人的に納得いかないのが、この曲できっちり参加している彼ら

実は、色々なところで彼らの演奏は聴いているのだけれども、おそらくタイミングが悪いのだろうか、いつ聴いても "いい演奏だったイメージが無い" わけで…(いや、きっとカッコいい演奏しているんだろうけれども、一度もそういう演奏に巡り合ったコトが無いわけで…)。

あれは、いつの頃だったかなぁ…、何気に家人と二人で武道館に(なぜか)チャカ・カーンを聴きに行ったとき、前座か何かで一緒に出ていたのが上記の彼ら(いや、なぜにチャカ・カーンを聴きに行ったのか、まるで覚えていないのだけれどもw)。

ワンステージ演っていたのだけれども、その演奏内容たるや、ある意味ネガティヴな意味で "筆舌に尽くしがたい" 状態。家人と二人で固まってしまったのを記憶している。

そんな体験が微妙に先入観になってしまっているのか、彼らの演奏はどうしてもいいと思えず、この "真夜中は純潔" も、歌っているヒトに罪は無いものの、自分の中では極めて評価が低かったりしていたわけで(実際、バックのアンサンブルとかソロとか、聴いててコケたし…)。

ところが、最近再び聴いてみると、結構良かったりするのね。"シドと白昼夢" が。

「なぁんだ、しっかりJAZZってんじゃん。」と彼らに対する認識を改めかけたのだけれども、よくクレジット見たら演奏者が違ってた(笑)。

"東日本スウィングパラダイスオーケストラ" って何者だ? と調べてみたら、まぁそうそうたる顔ぶれだったりしたわけで(爆)。

村上"ポンタ"秀一(ds)/角田順(g)/坂井紅介(ac-b)/角田信雄(org)/エリック宮城,佐々木史郎,林雄介,佐久間勲(tp)/中川英二郎,松本治,佐野聡(tb)山城純子(b-tb)/ボブ・ザング,近藤和彦(as,fl)小池修,吉田治(ts)竹野昌邦(bs)/田口裕子(harp)浜田均(vib,glokken)

てゆーか、ほとんど反則じゃん(笑)。よく、コレだけ集めたもんだ…。道理でリードアルトの音、どこかで聴いたコトあると思った(おそらく、確実に近藤和彦氏だろう…)。

というわけで、Goodな演奏に改めて気付いた今日この頃…。

しかし、"東日本スウィングパラダイスオーケストラ" って…(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/23

こんな歌伴が演りたかったなぁ…

ふと、いつも覗いている "Modern Syntax" を見てみると、UAと菊地成孔のアルバムのレビューが書かれていた。

UAと菊地成孔とコーネリアス

個人的には渡辺香津美&中本マリの「ジョージア・オン・マイ・マインド」が1曲目のタイトル忘れたレコードに続いて日本の女性JAZZボーカルの名盤だと思います。

と、ベタ褒めしているので、ついついiTMSで買ってみたのだけれども…。

「嗚呼…、ホントは、こんなのが演りたかったんだよなぁ…」

というのが、率直な感想。

小粋なんだけれども、ちゃぁんといたるところでビンビンに緊張感が高まっているというか…、ものすごくウォームで全体的に思いっきり和んでいるように見えて、実はめっちゃくちゃクールな要素が存分に出ているというか…。

何よりも、「UAって、こんなにカッコ良くJAZZ歌えるんだ」、ってのを改めて実感した一枚。

てゆーか、巷でいわゆる「ワタシ、JAZZヴォーカル歌ってます」って言ってるヴォーカリスト(プロ/アマ問わず)より、断然カッコいい。

いーかげんに聴き飽きたスタンダードナンバーを、"誰が歌っても同じような歌い方" で、ありふれた構成で歌って、なんかテキトーに満足しちゃっている(自称)ヴォーカリストは、是非ちゃぁんと聴き込んだ方が良いかと…。

特に、このアルバムに収録されている "Over the Rainbow"。 コレは、中途半端に "JAZZの様式美" にとらわれちゃっていると、絶対に、こういう風に歌えないだろうねぇ…。

あと、歌伴をするホーン奏者も、コレ聴いて "ワンパターンなオブリガード" から脱却した方がいいかもしれない。特に、1曲目の "Born to be blue" は、歌伴におけるホーンの入りどころ&抜きどころを研究する意味では、非常に良いかも。

てゆーか、ホントはこんなの演りたかったんだよなぁ…。ゴリゴリに大音量で吹きまくるという面ばかり目立っていたけれど、実は、こーゆーのがとても好きだったりするわけで…。

しかし…、UAがココまで歌っちゃったら、"JAZZしか歌ってない(歌おうとしない)ヴォーカリスト" って、立場無いよなぁ…(笑)。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

2006/10/02

ちょっと吹いてみた・2

実は、木曜日に "ちょっと吹いてみた" 理由ってのは、他にもあって。

土曜日に、自分が学生時代にずっと籍を置いていたジャズ研のOB会ってのがあり、ソコに出席する際に、"少しはマトモに吹けにゃぁ、ハナシにならんだろう" というわけで、ちょっとしたリハビリをしてたわけで。

で、土曜日は15時に全日空ホテル(発足45周年というコトで、とても豪勢)に行き、イベントに参加。

発足45周年というコトで、当然OBもたくさん。自分の父親よりも年上なOBも含め、実に数多くのヒトたちが集まったイベント。

ちなみにワタシは、去年も参加したのだけれども、2年連続で "参加者中最年少OB" になってしまった…。なんせ、一番年の近いOBで、'90年卒(ワタシは'98年卒)、つまり8年年上になってしまうわけで…。

去年は、同年代の人間はまるでおらず、終始ひとり(笑)だったのだけれども、今年は自分の同期が一人だけ来てくれて(忙しくてすぐに帰ったけれどもw)、昔の思い出話に花が咲く。考えてみれば、彼に会うのは10年ぶりか…。

ホテルの宴会場で始まった会が、中締めを迎えたのは19時前。

その後 "2次会" というコトで、その他のOBのみなさんと一緒に代官山へ向かう。ソコでひたすら深夜まで "大ジャムセッション大会" に突入…(笑)。

もちろん、自分もちょこっとまぜていただき、親子ほどの年齢差がある先輩たちと、楽しく演奏をする(・・・って、全員既に大いに出来上がっており、酒のせいなのか、演奏のせいなのかわからんくらいに盛り上がってしまったのだけれどもw)。

久々なので(ついでに家人&コドモは実家に泊まるというコトになっていたので)、存分に長居をし、めいっぱい呑む、そして呑む、さらに呑む…(爆)。

宴会が終わり、気づけば25時を回っていた。実に10時間ほど呑んでいたコトになる(爆)。

そして、ヘロヘロに疲れ切った状態で、バタリと眠りにつく。

吹いた、というより、ひたすら呑んでた一日。翌日目が覚めたら昼過ぎだった(爆)。
嗚呼、久しぶりにはじけた休日(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ちょっと吹いてみた

水曜日、ついつい "怒りを覚えた" (笑)演奏を聴いてしまったので、なんとなく釈然とせず、翌日の木曜日、久しぶりに楽器を取り出して吹くコトに(大人げない…w)。

で、突然思い立ってしまったので、とりあえず "どこかでちゃぁんと吹ける場所は無いか…" と探していたら、豊洲に引っ越すまでは結構毎週のように出向いていた中延某所の店で、よく知った顔が演奏をするという情報を見つけ、ソコに出かけるコトにしたワタシ。

早々にシゴトを片付け(いや、片付いたかどうかは、結構微妙ではあったのだけれども)、テナーを抱えて寄り道(笑)。

例によってピアニスト、そしてヴォーカリストを、ちょこちょこと軽く煽りつつ、今自分がどの程度吹けるのかをチェック(ヒト様のライヴにお邪魔して、"自分のウデのチェック" も何もあったもんじゃぁ無いのだけれどもw)するコトにする。

講師を完全に辞めてから、まるで楽器を触っていなかったので、かれこれ半月ブランクはあったのだけれども、意外と問題無く吹けちゃったりする。
でも、やっぱり突発的な変化に対応しづらくなったり、アタマの中に舞い降りてくる突飛なイメージを、音として反映させづらかったり…。

技術的に、"今までのキャリア" という蓄積があるから、パッと聴く分には、それなりにちゃぁんとカタチになっているだろうし、おそらく聴いているヒトたちも、簡単には気づかないのだろうけれども、やっぱり自分のイマジネーションを100%音にするコトができないもどかしさが、どこかにあるわけで…。

まぁ、専業プロとして演奏するコトをやめる時に、十分予想はできていたけれども、やっぱり実際に感じる状況に直面すると、多少はショックなわけで…。

前日、(とあるサックス奏者の演奏を聴いてから)帰宅後に、ふと思い立って "全盛期の自分の演奏" というものを聴いたのが、余計ショックを増加させてしまったか…(笑)。

ちなみに、ソレは6~7年前に、とあるライヴハウスで演ったときのもの。たまたま "Spain" を演ったときの音源が残っていたわけで…。

なんか、自分じゃないみたいな感じで、ちょっと複雑(笑)。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧