2007/03/23

肩書きって何だろう…。

考えてみれば、ココでいわゆる "ポリティカルなハナシ" ってのは、書くコトが無くて。というより、「あえて書いていなかった」というのが正しいか…。

そういえば、以前(2004年…だったかな?)に "イラク日本人人質事件" に絡んだ一件を記したときに "日本人の誇り" をキーワードに、この Blog 史上空前のアクセス数を記録したコトがあったのだけれども(ちなみに、この時期のエントリーは、現在は消しちゃって、存在していなかったりもするのだけれども)、以来、なかなか "ポリティカルなハナシ" について書くのは、若干躊躇いもあるわけで…。

で、まぁ、今回のお題は都知事選。別に自身が誰に投票するかはさておき(少なくとも投票には行く予定)、今回は14人が立候補。で、顔触れを見てみると…。

世の中って色々な肩書きがあるのね。

不動産鑑定士、歯科医師、ストリートミュージシャン、東京都知事、大学教授、建築家、国際創造学者、タクシー運転手、勝訴証拠評論家、タレント、易学者、風水研究家、ディレッタント、作家…。

勝訴証拠評論家っていう、どう考えても "早口言葉" にしか思えないような(間違えずに10回連続で言えなさそうだよなぁ…)肩書きで、一体何をするんだろう…?

ディレッタント(好事家って訳すコトが多いけど)って、そもそも肩書きとして成立するんだろうか…?

ストリートミュージシャンなら、自分も経験あるなぁ(笑)。でも、ストリートだけじゃなくて、ちゃんとライヴハウスやらレコーディングスタジオやらでもシゴトしてたしなぁ…。

アンケートやら何やらで、"職業" を選択するときに、こういうのって "その他" ってなっちゃうんだろうなぁ…。

自分も大学を卒業して、一時期 "その他" だった時期があったけれども、そのたびに、妙に複雑な気持ちになったような記憶が…(爆)。

・・・って、全然ポリティカルなハナシじゃぁなかった(笑)。4月8日は選挙に行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)