2006/10/05

NHK子供番組テーマ曲集のコンピレーション

 ふと目にとまったニュース。

 『できるかな』『はたらくおじさん』他、NHK子供番組テーマ曲集がDVD付で登場!

教室で、校庭で、そして風邪で休んだ布団の中で、多くの子供たちが口ずさんだに違いない、NHK子ども番組のテーマ曲を集めたコンピレーション・アルバム『あの日の教室~さわやか3組:NHK子ども番組テーマ集』(CDSOL-1140 \3,360(税込)・写真)が発売されます!

嗚呼…、NHKの子供番組といえば、自分は "シゴトの無かったミュージシャン時代" を思い出してしまうわけで(爆)。

シゴトらしいシゴトがほとんど無いとき、一日中テレビばっかり見ていて、気づけば教育テレビの午前中の時間帯の番組はほとんど網羅してたっけ(笑)。

そういえば、当時に比べて、テレビ観る時間が極端に減ったような気がする(当たり前だけどw)。

最近の教育テレビって、どんな番組やってんだろ?
思わず遠い目をしてしまう今日この頃…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005/04/22

そういえば、ドラマあんまり観てない…

そう。ここしばらくバタバタしていて、ドラマを満足に観てなかったっけ。
気付けば録画したヤツがたまる一方。週末一気に観てしまおうか、と思いつつ、そんな時間は無いコトに気付き、しばし脱力…。

そんな中、あえて書いてしまうドラマのハナシ。

以前、ココでも書いたっけ。
「恋におちたら~僕の成功の秘密」

自分の商売がドラマになってるようなモノなので、何気に観てしまう。
昨日も、オフィスから帰宅したら、家人がまさに観ていたトコロだったので、一緒に観てみる。

続きを読む "そういえば、ドラマあんまり観てない…"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/03/16

昼のドラマ

またテレビのハナシか…、なんてツッコミはさておき(爆)。
いや、決してのんびりテレビ観てる時間は無く、あくまでも流して観てるだけ(爆×2)なのだけれども。

ってなわけで、今回はドラマのハナシ。
実は最近昼のドラマに大いにハマっているわけで。
もちろん昼のドラマなので、放映時間にテレビに向かうことなどは出来ないので、録画して観ているのだけれども。

"聞かせてよ愛の言葉を"

"冬の輪舞"

平日13時から、この2本が連続で(局は違うけど)放送されるのだけれども、コレがかなりお気に入り(笑)。

続きを読む "昼のドラマ"

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いまさらながら "saku saku" なのだ

えっと…、性懲りも無く、ホントに性懲りも無く"木村カエラ" バナシ(爆)。

というわけで、いまさらながら "saku saku"

既に多くのBlogに取り上げられて久しいし、そもそも番組自体はかれこれ長いコトやっていて、あえてココで語るまでも無く、もっとGoodなサイトがあったりするので、そちらを参照してほしいのだけれども。

続きを読む "いまさらながら "saku saku" なのだ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/02/07

久々にニュースから…

既に、ココを頻繁に訪れる "200Xな皆様" にとっては当たり前だったりもするのだけれども、このBlog、基本的には巷のニュースを取り上げるようなコトは、あまりしないという "ポリシー"(かどうかはよくわからんが)があったりするわけで…。

ただ、こいつはちょいと気になる話題だったので、今回は "ニュースな" エントリー。

草なぎ1年3ヶ月ぶり連ドラ…舞台はIT企業!!

ははっ(笑)。

続きを読む "久々にニュースから…"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/12/20

そういえば最終回なんだよね

今日は月曜日。気が付いてみれば、月9のドラマも今日が最終回。

以前、こんなエントリーを書いて以来、ひらがなで "らすとくりすます" と検索してくる皆さんが、(おそらくは他のコトを検索したかったのだろうけれども)次々と訪れるようになってしまって…。

今調べてみたら、6人に1人は "らすとくります" という検索ワードで訪れてたりして…(!)。

続きを読む "そういえば最終回なんだよね"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004/10/12

スーパーマンよ、永遠なれ

既に、あちこちで報道されていますし、色々なBlogにも話題になっていますが、

「スーパーマン」主演、リーブさんが急死

ショックでした。

スーパーマンは、私にとって、本当に永遠のヒーロー。
もちろん映画は全部観ました。繰り返し繰り返し。

理由はよくわからないのですが、自分の中で、もっとも "アメリカンな" ヒーローのような気がするのです。
あのわかりやすいキャラクター設定(嗚呼、まさにOne and Only)、その気になりゃぁ何でもできちゃう(時間を戻すコトだってできちゃう)無限のパワー、そして何よりも、"いかにも" としか言いようの無い胸の "Sマーク" 、そして真っ赤にはためく "ド派手なマント"

"強い" "カッコいい" "空を飛ぶ" という、まさにヒーローたるもの持ち合わせていなければならない、この3種の "マストアイテム" を全て備え、存分に悪と戦っちゃうスーパーマン。
単純明快この上ないストーリー展開。

スーパーマンは、私にとって、ホントに永遠のヒーローだったのです。

で、やっぱりスーパーマンは、クリストファー・リーブが演じなきゃならんわけで…。

なんだか、かつて自分が住んでいて、そしていつしかノスタルジーさえ感じてしまうようになった、あのアメリカが、少し遠くに離れてしまったような…。

スーパーマンよ、永遠なれ…。合掌…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)