2007/03/26

コドモを連れてコンサート

別に、特に教え込んだわけではないのだけれども、ウチのコドモは音楽がやたらと好き。

TV でライヴやらコンサートやらの映像が出てくると、ひたすら見入るし、曲が終わったら(どこで覚えたんだか)しっかりと拍手までする。

もちろん、"この番組" は毎日のように観ているし(てゆーか、観られないと機嫌が悪い…)、どうやらクラシック系が大のお気に入りらしい。少なくとも Jazz ばっかり聴いてた父親(もといワタシ)の影響は、あんまり無いかと…(笑)。どちらかというと、家人の趣味だろうねぇ…。

というわけで、週末はコドモを連れてコンサートへ出かける。ほとんど全てのライヴやらコンサートは、基本的に未就学児童は NG なわけだけれども、ちゃぁんと、こういうのもあるわけで。

"Concert for KIDS ~ 0才からのクラシック ~"

今回が2回目。前回は(ちょうど "旬" だったし)モーツァルトばっかり演るコンサートだったけれども、今回は違ってた。

結構な人気で、チケットがとりづらかっただけあって、会場は満員。もちろん、その約半数はコドモ(それも0~3歳児)。

内容的には、そこそこといったところか…。Vn の音色があまりよろしくなく(同じステージにいた Cello が、いい音出していただけに、結構目立った)、家人的には少々不満だったらしい。

ウチのコドモも、なぜか今回に限っては、拍手したりすることも無く、あまりお気に召さなかったようで…(笑)。

※ちなみに、日曜日の夜にTV で "N響" を聴かせたところ、大いに喜んでた…。

どうやら、かなり音に関する好みも激しく、また厳しいようで。

次回は6月らしいけれども、クオリティ的にどうかな…、ちょっと考えよう。

なお 9月には、が出演する "0才からのタンゴ" のコンサートがあるらしい。コレは連れて行こうと考えていたりする親バカな私。

| | コメント (28) | トラックバック (2)

2007/03/23

肩書きって何だろう…。

考えてみれば、ココでいわゆる "ポリティカルなハナシ" ってのは、書くコトが無くて。というより、「あえて書いていなかった」というのが正しいか…。

そういえば、以前(2004年…だったかな?)に "イラク日本人人質事件" に絡んだ一件を記したときに "日本人の誇り" をキーワードに、この Blog 史上空前のアクセス数を記録したコトがあったのだけれども(ちなみに、この時期のエントリーは、現在は消しちゃって、存在していなかったりもするのだけれども)、以来、なかなか "ポリティカルなハナシ" について書くのは、若干躊躇いもあるわけで…。

で、まぁ、今回のお題は都知事選。別に自身が誰に投票するかはさておき(少なくとも投票には行く予定)、今回は14人が立候補。で、顔触れを見てみると…。

世の中って色々な肩書きがあるのね。

不動産鑑定士、歯科医師、ストリートミュージシャン、東京都知事、大学教授、建築家、国際創造学者、タクシー運転手、勝訴証拠評論家、タレント、易学者、風水研究家、ディレッタント、作家…。

勝訴証拠評論家っていう、どう考えても "早口言葉" にしか思えないような(間違えずに10回連続で言えなさそうだよなぁ…)肩書きで、一体何をするんだろう…?

ディレッタント(好事家って訳すコトが多いけど)って、そもそも肩書きとして成立するんだろうか…?

ストリートミュージシャンなら、自分も経験あるなぁ(笑)。でも、ストリートだけじゃなくて、ちゃんとライヴハウスやらレコーディングスタジオやらでもシゴトしてたしなぁ…。

アンケートやら何やらで、"職業" を選択するときに、こういうのって "その他" ってなっちゃうんだろうなぁ…。

自分も大学を卒業して、一時期 "その他" だった時期があったけれども、そのたびに、妙に複雑な気持ちになったような記憶が…(爆)。

・・・って、全然ポリティカルなハナシじゃぁなかった(笑)。4月8日は選挙に行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2007/03/19

懐かしいという感覚が頻繁に訪れる日々

あ…、およそ1ヶ月のブランク。その間、別に何をしていたというわけではないのだけれども。

ある時は仕事をしていて、ある時はコドモと遊んで(遊ばれて)いて、ちょっとだけ楽器も取り出し、淡々としたようで、実はそうでもなかったかも知れない1ヶ月。

というわけで、ちょっとしたお休み期間から脱して、久々に追憶する200X年。

ここのところ、どういった偶然か、頻繁に "懐かしい" と感じる出来事に遭遇する。

デスクでいつもどおり(追われながら)シゴトをしていると、私を呼ぶ声。ふと眼をやると、見たことのある顔。一瞬思い出すのに時間がかかったけれども、それは高校時代の後輩。突然同じ企業に身を置くことになったというのは、以前のエントリーで書いたのだけれども、彼が打ち合わせのついでに、私のデスクまで訪ねてきた。トータルで結局15年ばかりUSに住んでいたらしいけれども、彼は全然変わっていなかった。

「また近日呑みにでも…」ということで、しばしの再会を喜ぶ。

そういえば、久しぶりに楽器を手にしたんだっけ。ふと思い立って "中延某所" に楽器手にして向かったのを思い出した。

演奏しているメンバーはもちろん、演った曲、そして、あの空間。何よりも、手に伝わってくる楽器の感覚自体が、やたらと懐かしいものに思えてくる。そういえば、今年に入って、楽器を触ったのは、まだ3回目。ウデの衰えは、もはや食い止めようも無いような気がするのだけれども、まだ誤魔化しつつやっていけるかな…。

そうそう、懐かしいと言えば、テレビで懐かしい顔を3人ほど。

休日の朝に、コドモと戯れながら、ぼんやりとテレビをつけていたら、ふと飛び込んできた懐かしい顔

彼は変わらず元気そうだった。そういえば、最後に彼と演ったのは、もうずいぶん前のコトなんだ…。今でも変わらない彼の物腰。これからもっともっとブレイクしてほしいなと思った休日の朝。

やはり週末。今度はもっと懐かしい顔だった。彼といつも一緒に演奏活動をしていたのは、もう10年くらい前…。当時から彼は "一味違う" 何かを持っていたような気がする。結局、ある日袂を分かち、彼はそのまま日本のJazzシーンをどんどん駆け上がり、自分は試行錯誤を繰り返しながら、自分の音楽を探しに行ってしまった。

機会があったら、もう一度一緒に音を出してみたいな、と思いつつも、"もう、住んでいる世界が色々な意味で違うんだよな…" という思いもあったりして。

彼にも、どんどん頑張っていってほしいな。自分の世代の代表みたいなもんだから。

しかし…、彼を久しぶりに観た番組が、かつて自分の家人が大いにシゴトで関わっていた番組だというのも、何かの因縁か…。

同じく週末。天気がいい朝、コドモを連れて外出。チャイルドシートに座らせたコドモを時折あやしながら、親子二人でドライヴ。何気なく流していたラジオから、昔聴きなれたサウンドが。

「まさか…」と思いながら聴いていたギターとアルトサックス。やはり彼らだった(その "彼ら" は、ページ中段あたりに)。

日本の Jazz シーンをどんどん駆け上がっていってしまった彼と一緒に、よく演ったコトがあったっけ。やはり、強烈な個性と技術で、非常に目立っていたのをよく覚えている。ギタリストの彼とは、何度か同じステージに立ったくらいのコトしかないけれども、サックス奏者の彼は、以前よく路上で一緒に演っていたりと、思い出も多い。

何よりも、自分が引退(というか、ほとんど "失踪" に近いもんだったりもするけれども)した後、その後のシゴトはほとんど彼がやっていたりするし…。

そういえば、まだ懐かしい顔を見かけたんだっけ。やはりぼんやりとテレビをつけていた時、ふと大学時代の友人の顔を見かける。彼もどんどん名を上げ、すっかり有名になってしまって…。日本に帰国して早々、大学に通い始めたばかりのころ。彼と机を並べて、一緒に中国語を勉強していたのは、もはや遠い昔か…。

なんだか、やたらと懐かしい顔を見かけた日々。彼らに幸あれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/28

地下鉄で見つけた BlogPeople

自宅の周辺には地下鉄しか走っていなくて、基本的には通勤等、日ごろの移動の大半は地下鉄だったりする私。

オフィスは新宿某所にあったりするので、豊洲在住の私は、有楽町線を使って市ヶ谷まで出て、都営新宿線で新宿駅に向かうというのが、いつものパターン。

で、今朝もいつもの通り都営新宿線に乗っていたわけだけれども、よくよく車内の広告を見てみると…。

車内にずっと掲載されている KDDI Evolva の広告。

どうやら、"ある派遣社員のBlog" という設定になっているらしい。いわゆる "とりあえずMTで作ってみました" 的ノリの画面で、要は "派遣生活が楽しいぜぃ" 的なコトが書き連ねてあるわけだけれども、よくよく見ると、ディテールも結構凝ってて、なかなか面白かったりもするわけで。

※てゆーか、実際に MT で作ったんじゃないか的な出来だったりする。

で、さらによくよく見てみると、左カラム部分に見慣れたワードが…。

なんと、ソコには "Blog People" という文字が…。

ただ、惜しまれるのは、"Blog" と "People" の間に半角スペースが入っちゃっているというコト。う~ん…、残念…。

てゆーか、コレってBlogPeopleの "中の人" は知っているのかな?(知ってたら、半角スペースは入らんと思うけれども)

コレもタイアップのひとつかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

合宿とやらで

先週の金曜日から土曜日にかけての1泊2日。自分が身を置いている、とある会社の合宿とやらで軽井沢へ…。

「また軽井沢か…」だったりもするのだけれども (笑)。

思えば、前にいた会社では、毎年のように軽井沢某所へ出張に行っていたりもして、今回もやはり同じ場所。

「せっかくアウトドアから離れることができたのに…」と思っていたにも関わらず、やはり軽井沢に来る羽目になってるあたり、それなりに因縁でもあるのかも知れないねぇ…。

というわけで、軽井沢。実は (偶然だったらしいけれども) "競合他社" という形で世間では報じられている某企業も、たまたま同じ場所で合宿をしていたらしく、ひとしきり大盛り上がり… (どんな風に盛り上がっていたかは、あまりにも "子供っぽすぎる" ので、ここでは割愛というコトで…w)。

で、合宿の間は、さまざまなアクティヴィティとやらをやらされていた私たち一行。かなり凝縮されたプログラムで、それなりにまいっていたりもするわけで…。

まぁ、そんなハナシはどーでもよく、合宿中にあったことといえば、やはり "呑み" (爆)。これも、幹事たちが色々と趣向を凝らした結果、大盛り上がり。ちなみに、私は今回は幹事ではなかったのだけれども…。

幹事ではなかったとはいえ、どーも私は宴会要員としての地位を社内で確立してしまったらしく、このときの呑みでは、こんな状態だったりするわけで。

きっちり司会者になってたりするわけで…。

総勢100人を超える大所帯の中、一人マイクを握って、ひたすらしゃべり続けた90分。

ちなみに、次回は "社員総会" の司会をやるとか、やらないとか…。

結局、どこに行っても自分は変わらんらしい…。いいんだか、悪いんだか…。嗚呼…。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007/02/20

衰えは激しく

先日、久々にSessionに顔を出す。
考えてみれば、今年に入って楽器を触ったのって、これが初めてか…。いや、年明け早々ひょんなきっかけで演奏するコトになったので、2度目か…。いずれにせよ、久々に楽器を触ったわけで。

で、Sessionなわけだけれども、思い返してみると、ドラムがいて、ベースがいて、ギター (and/or) キーボードがいて…、という編成なんて、最後に演ったのはどのくらい前か…。

考えてみれば完全に引退してからというもの、久しくドラムと一緒に演ったコトなんてなかったような…。

そんな状態でSessionに顔を出したわけだけれども、この日は "ツイン ドラム" (爆)。自分の左後ろと、右前にそれぞれドラムがいるという、かなりへヴィな編成。
「しばらく音を出してれば、どーにかなるだろう…」と考えていた自分が甘かった (笑)。

とにかくついていくのに一苦労…。自分の出す音出す音が、ことごとく2台のドラムの大音量にかき消されてしまうんだから…(汗)。
以前6張の和太鼓を相手に、生音でブイブイいわせていた面影はどこへやら…。ただただなす術もなくヘトヘトに (笑)。

10年以上も前から自分の演奏を聴いてくれている店のマスター曰く「落ちたなぁ… (笑)」と。

要は、「頭の中で瞬間的に構成されるフレーズに対して、身体(体力)がついていかず、途中で終わっちゃう」という感じだそうで…。

あ、やっぱりよくわかってる… (笑)。自分も、吹いている間中、ずっとそう思っていたし。

考えてみれば、もはや "講師活動" すらやめてしまったので、平気で何ヶ月もブランクが空いてしまうような生活している自分。そりゃぁ、衰えてもしょうがないか… (笑)。

というわけで、そろそろ真剣に "体力に合わせた演奏" をしようかと考えていたりする今日この頃。

なんだかちょっとさびしいけれど。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007/02/08

待ってたぜっ、Billy !!

Columbia Records が出している、Billy Joel のメールマガジンが、久々に届いた。

"All My Life" Premieres Today On People.com

Beginning today, "All My Life", Billy Joel's first new release in over 13 years, will premiere exclusively on People.com.

Written as an anniversary present from Billy to his wife, Katie Lee Joel, the romantic "All My Life" will be available from now until Valentine's Day (February 7 - February 14), where you can listen to the song and incorporate it into an e-card for your special someone.

"All My Life" will also be available on iTunes beginning Feb 20.

おぉっ、13年振りの新曲じゃんっ! 嗚呼…、どれだけ待ったコトか…。

iTune Store で2/20 にリリースされるのに先行して、今日から Valentine's Day まで、1週間だけ、 People.com で聴けちゃうそうで…。

しかも丸々1曲全部聴けちゃう(!)。さらに、独占インタビュー記事もあったりするので、ファンは必読&必聴でしょう。

ちなみに、この新曲。奥さんの Katie Lee Joel に捧げたモノだとか。しかし…、奥さん25歳か…。若いなぁ…。

同じく(当時)奥さんに捧げた曲といえば、代表曲の "Just The Way You Are" があるけれど、そっちとの比較はしない方向で(笑)。

いやぁ、でもうれしいねぇ…。待ってたぜっ、Billy !!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

14年振りか…

自身が身を置いている企業は、それこそ毎月のように、多くの人間が入れ替わる。やめていくヒトも多いけれど、新しいヒトも入ってくるわけで。

で、今月も2月1日付入社のヒトたちがやってきた、というアナウンスが、社内に流れた。様々な部署に対し、たくさんのヒトがやってくるわけだけれども、おそらく、この中で一度も顔を合わせずに終わってしまうヒトも多くいるんじゃないかなぁ…、と思うわけで。

そんなコトをふと考えながら、新入社員の名前がずらずらと記されているリストを眺めていると(いや、普段は全くと言っていいほど見なかったりするんだけれどもねぇ…)、どこかで見たコトのある名前を発見。

あ、ひょっとして…、と思ってメールを出してみたら、やっぱりそうだった。

14年振りに名前を見た、高校時代(アメリカのね)の後輩。聞けば、高校卒業後、そのままシカゴの大学へ進学し、さらにNYに移り住み、つい先日日本に帰国してきたとか。「かれこれ15年くらいアメリカにいました」なんて言っていたけれど、そんなに時間が経っていたんだ…。

ちなみに、彼は違うビルにある部署に配属されているため、なかなか顔を合わせるコトは、実は無かったりもするのだけれども。

しかし…、本当にすごい偶然だよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/29

SONNY, PLEASE

というわけで、今回はSonny Rollinsのアルバムのハナシ。一昨年の11月、忘れもしない "最後の来日公演"(出張でUSに行ってて、結局行けず…) のあとも、精力的に活動を行っている、御大 Sonny Rollins。今年は正月早々、久々のニューアルバムをリリースするなど、未だ元気(だったら、もう一回来日公演すりゃぁいいのに…)。

おおむね、色々なトコロでポジティヴな評価をされているので、ファンとしてはぜひとも聴いてみたく、とりあえず買ってみた。

Sonny, Please

ポジティヴな評価が多い中(実際、Grammyの "Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group" にもノミネートされてたりするし)、あえて今回は辛口なコメントを残してみる…。

何よりも目立ったのが、彼の音。「えっ、こんな感じの音だったっけ?」というのが率直な感想。嗚呼、何だか音にパワーが無くなってしまっているような感じが…。

昔の、聴くだけでカタルシスを覚えるような、あの太くて "ゴリゴリっ" としたパワフルな音の面影がまるで無いような気がする。

開きが大き目のマウスピースに、薄~いリードを当てて、とりあえず音量だけは出るような(でも、音自体はやせちゃうけど)セッティングで、無理して吹いているような、そんな音。なんか、聴いてて耳に(悪い意味で)キツく突き刺さっちゃうような、そんな感じ。

あと、テーマやソロのフレーズにもちょっとがっかり…。てゆーか、Sonny Rollinsって、こんなに "たどたどしく歌う" ような吹き方したっけか?

そんなこんなで、ちょっと失望…。

高校生の頃、初めて名作 "Saxophone Colossus" を聴いた時のような、あの興奮は、少なくとも、このアルバムには無いなぁ…。

まぁ、それはそれでしょうがないのか。これは、"アルバムが出ているコト自体がすごい" というような評価をしなくちゃいけないのかなぁ…。

嗚呼、Sonny, please...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/23

どちらの言い分もわからんわけではないが…。

音楽というモノに、何らかのカタチで関わってきていたわりに、書いていなかったテーマではあったのだけれども…。いや、あえて書かなかったという方が正しいかな?

どちらの言い分も、よくわかるし、コレに関してはある意味複雑過ぎて、コメントのしようがなかったから。

というわけで、こんなハナシ。

ビートルズ生演奏で著作権軽視、バー経営者に有罪

 「ビートルズも弾いてよ」。客のリクエストに軽い気持ちで応じ、ビートルズやビリー・ジョエルなどの曲も披露するようになったが、当時は違法演奏と思っていなかった。

確かに、シゴトで演奏してりゃぁ、こういうのって、よくあるコト。色々なリクエストされたっけ…。自分がシゴトしてたトコロは、恐らく(ある意味理不尽だといわれている)上納金をたんまりと納めていたんだろうけれども…。

 ビートルズなどの楽曲の著作権を管理するのは、日本音楽著作権協会(JASRAC)。85年10月、店を訪れた協会職員が、生演奏には利用許諾契約を結んで使用料を払う必要があると告げたが、豊田被告は「みんなが払っている訳ではないし、お客に頼まれた時に演奏するだけ」と、契約を拒否した。

確かにわからんでもないよねぇ。実際ちゃんとした形でライヴとして演奏があって、そしてお客が×人いて、チャージが××円で…、っていうような状況であればまだしも、この場合、はっきり言って難しい…。

 だが「計算方法が納得できない。負債を抱え、支払いはできない」と拒み、演奏を続けた。

結局、一番の問題でありながらも、未だにハコ側やプレイヤー側での理解を得ておらず、常に争点になってしまっているのは、コレなんだろうねぇ…。自分でも色々と(そりゃぁシゴトだったし)調べたし、勉強もしたけれども、知れば知るほど理不尽な感じがするし。

とはいえ、著作者側の言い分もわからんわけではなく…。

最終的には、こういうコトでアタマを常に悩ませながら "本当に大好きなコト" をやるなんて、自分にはできない、と思ったがゆえに、シゴトで音楽を演るのにイヤ気がさしてしまったわけで…。

どちらの言い分もわからんわけではない分、未だ自分でも "よくわからない問題" としてくすぶり続けていたりする、この問題。

著作権ってなんなんだろう…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧