« どちらの言い分もわからんわけではないが…。 | トップページ | 14年振りか… »

2007/01/29

SONNY, PLEASE

というわけで、今回はSonny Rollinsのアルバムのハナシ。一昨年の11月、忘れもしない "最後の来日公演"(出張でUSに行ってて、結局行けず…) のあとも、精力的に活動を行っている、御大 Sonny Rollins。今年は正月早々、久々のニューアルバムをリリースするなど、未だ元気(だったら、もう一回来日公演すりゃぁいいのに…)。

おおむね、色々なトコロでポジティヴな評価をされているので、ファンとしてはぜひとも聴いてみたく、とりあえず買ってみた。

Sonny, Please

ポジティヴな評価が多い中(実際、Grammyの "Best Jazz Instrumental Album, Individual or Group" にもノミネートされてたりするし)、あえて今回は辛口なコメントを残してみる…。

何よりも目立ったのが、彼の音。「えっ、こんな感じの音だったっけ?」というのが率直な感想。嗚呼、何だか音にパワーが無くなってしまっているような感じが…。

昔の、聴くだけでカタルシスを覚えるような、あの太くて "ゴリゴリっ" としたパワフルな音の面影がまるで無いような気がする。

開きが大き目のマウスピースに、薄~いリードを当てて、とりあえず音量だけは出るような(でも、音自体はやせちゃうけど)セッティングで、無理して吹いているような、そんな音。なんか、聴いてて耳に(悪い意味で)キツく突き刺さっちゃうような、そんな感じ。

あと、テーマやソロのフレーズにもちょっとがっかり…。てゆーか、Sonny Rollinsって、こんなに "たどたどしく歌う" ような吹き方したっけか?

そんなこんなで、ちょっと失望…。

高校生の頃、初めて名作 "Saxophone Colossus" を聴いた時のような、あの興奮は、少なくとも、このアルバムには無いなぁ…。

まぁ、それはそれでしょうがないのか。これは、"アルバムが出ているコト自体がすごい" というような評価をしなくちゃいけないのかなぁ…。

嗚呼、Sonny, please...

|

« どちらの言い分もわからんわけではないが…。 | トップページ | 14年振りか… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/13708351

この記事へのトラックバック一覧です: SONNY, PLEASE:

« どちらの言い分もわからんわけではないが…。 | トップページ | 14年振りか… »