« リガチャーの売却を検討してみる(笑) | トップページ | 木を削り、そして時は過ぎゆく… »

2007/01/05

コドモとワタシと音楽と

年末年始は、ひたすらのんびり過ごしたのは、本日最初のエントリーにも書いた通り。久々にのんびりとテレビでも観つつダラダラ過ごそうと思っていたのだけれども、意外と最近の番組ってつまらないのね…。

というわけで、のんびり過ごすべく、ただただ音楽を聴きつつ過ごした日々。

最近、コドモの音楽的な好みが変わってきたらしく、どちらかというとクラシック寄りになっているコトに気づく。おそらくは(クラシック好きな)家人が日々教育した結果なのだろうけれども(笑)。

休み中にクルマで出掛ける機会があり、その際 "非常に個人的な好み" で、先日他界した "御大JB" の曲を立続けに流したら、みるみるうちに不機嫌な様子を見せ号泣…。

慌ててモーツァルトに変えたところ、ピタリと泣き止み、急に御機嫌な状態に…(笑)。

"そろそろ良かろう…" と思いつつ、今度は Bob Berg の "Friday Night at the Cadillac Club" をかけてみたところ(だってクルマはCadillacだしw)、再度号泣…。

ちなみに、自宅でも色々と試してみた結果(いや、別にコドモで実験していたわけじゃないのだけれども…)、やはり好みはクラシックになってしまっているらしい。特に(なぜか)ドヴォルザーク、モーツァルト、あとはガーシュウィンが好みのようで…(モーツァルトはともかく、ドヴォルザーク、ガーシュウィンあたりが好きだというコトは、感覚はアメリカ人なのだろうか…w)。

というわけで、ずっと家でクラシックを流しっぱなしにしていた年末年始。ちなみに、どこで覚えたのか、曲が終わると必ず拍手をしていたりする…。

で、これに関連して…、ってわけではないのだけれども、こんな記事を発見。

赤ちゃんにモーツァルトの癒し - スロヴァキア

スロヴァキアでモーツァルトを見逃す人はいないだろう。Kosice病院ではモーツァルトの音楽を使って、赤ん坊から出生時のトラウマを取り除くための治療をしている。

ウチのコドモは、治療として聴かせていたわけではないのだけれども、結果的に、コレが癒しになっていたのだろうか…。

父親(もといワタシ)は "JAZZ屋" だったのに…。なんとなく複雑(笑)。

|

« リガチャーの売却を検討してみる(笑) | トップページ | 木を削り、そして時は過ぎゆく… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/13346345

この記事へのトラックバック一覧です: コドモとワタシと音楽と:

« リガチャーの売却を検討してみる(笑) | トップページ | 木を削り、そして時は過ぎゆく… »