« 今更ながら "のうぜんかつら" | トップページ | 実は代車生活 »

2006/10/30

UAに始まり、安藤裕子に続き…

UAと菊地成孔のアルバム から始まり、Merry Andrew を語り、気づけば今回も似たようなハナシ。最近深夜にひとりシゴトをしつつ音楽を聴いている時間が増えてきたので(爆)。

で、今回は、コレも今更ながら…、って感じはするのだけれども "椎名林檎" のハナシ。

いやぁ、コレまで何気なく聴いてきたんだけれども、一旦気になってしまうと、とことん気になってしまうわけで。

で、今回は2曲。 "真夜中は純潔" と、カップリングされている "シドと白昼夢" について。"真夜中は純潔" については、リリースされたときの状況も含め、今更ココで語る必要も無く、あちこちで評価されていたりしているので、ココでは割愛するのだけれども、どうしても個人的に納得いかないのが、この曲できっちり参加している彼ら

実は、色々なところで彼らの演奏は聴いているのだけれども、おそらくタイミングが悪いのだろうか、いつ聴いても "いい演奏だったイメージが無い" わけで…(いや、きっとカッコいい演奏しているんだろうけれども、一度もそういう演奏に巡り合ったコトが無いわけで…)。

あれは、いつの頃だったかなぁ…、何気に家人と二人で武道館に(なぜか)チャカ・カーンを聴きに行ったとき、前座か何かで一緒に出ていたのが上記の彼ら(いや、なぜにチャカ・カーンを聴きに行ったのか、まるで覚えていないのだけれどもw)。

ワンステージ演っていたのだけれども、その演奏内容たるや、ある意味ネガティヴな意味で "筆舌に尽くしがたい" 状態。家人と二人で固まってしまったのを記憶している。

そんな体験が微妙に先入観になってしまっているのか、彼らの演奏はどうしてもいいと思えず、この "真夜中は純潔" も、歌っているヒトに罪は無いものの、自分の中では極めて評価が低かったりしていたわけで(実際、バックのアンサンブルとかソロとか、聴いててコケたし…)。

ところが、最近再び聴いてみると、結構良かったりするのね。"シドと白昼夢" が。

「なぁんだ、しっかりJAZZってんじゃん。」と彼らに対する認識を改めかけたのだけれども、よくクレジット見たら演奏者が違ってた(笑)。

"東日本スウィングパラダイスオーケストラ" って何者だ? と調べてみたら、まぁそうそうたる顔ぶれだったりしたわけで(爆)。

村上"ポンタ"秀一(ds)/角田順(g)/坂井紅介(ac-b)/角田信雄(org)/エリック宮城,佐々木史郎,林雄介,佐久間勲(tp)/中川英二郎,松本治,佐野聡(tb)山城純子(b-tb)/ボブ・ザング,近藤和彦(as,fl)小池修,吉田治(ts)竹野昌邦(bs)/田口裕子(harp)浜田均(vib,glokken)

てゆーか、ほとんど反則じゃん(笑)。よく、コレだけ集めたもんだ…。道理でリードアルトの音、どこかで聴いたコトあると思った(おそらく、確実に近藤和彦氏だろう…)。

というわけで、Goodな演奏に改めて気付いた今日この頃…。

しかし、"東日本スウィングパラダイスオーケストラ" って…(笑)。

|

« 今更ながら "のうぜんかつら" | トップページ | 実は代車生活 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/12487918

この記事へのトラックバック一覧です: UAに始まり、安藤裕子に続き…:

« 今更ながら "のうぜんかつら" | トップページ | 実は代車生活 »