« Old Bottle の中の New wine は、いつまでも New wine たりえるのか…。 | トップページ | ちょっと吹いてみた »

2006/09/28

Spain

今回は、サックス吹くヒト以外には、あんまりわからない内容かな…。

昨夜、帰宅すべくオフィスを出たら、何やら "ナマのサウンド" が聴こえてくる。"もしや…" と思って、そのサウンドが聴こえてくる方に歩くと、すぐそばの駅前でストリートライヴ演ってるミュージシャンたちがいた。

「あ、珍しい…。Ss/B/Ds のトリオじゃん」というわけで、しばらく聴く。ワタシが来たときには、"Chicken" を演っていたのだけれども、なかなかに高速テンポ。

最初は、物珍しくて聴いていたのだけれども、しばらく聴いていると、だんだん違和感を覚えてくる。 "エレベがゴリゴリ" & "ドラムがビシバシ" と、すさまじいGrooveが感じられるのだが、肝心のサックスが今一つ…。

アンブシュアをちゃんとコントロールできていないから、どうも高音域でひっくり返りがち。激しくブロウしたいんだろうけれども、マウスピースとリードと楽器が、そういうスタイルに向いていないらしく、今一つ音が抜けてこない…。
(てゆーか、もう一度マウスピース選びなおした方がいいかもしれない)

なぁんてコトを思いつつ、ぼんやりと聴き流していたら、次の曲に。

「おいおい、"Spain" じゃん…」

ソレは、まぎれも無く "Spain"。自分がまだ現役時代に、"Ts(Ss)/Gt/B のトリオ" でいつも演ってた曲。

あんまり期待していないながらも、"どういうアプローチで演るんだろう…" と気になって、聴いてみる。

いやはや…、久々に音楽を聴いてて "怒りを覚えた" ような気がする(笑)。

高速テンポで演っているんだけれども、サックスは、その速度について来れず、リフをところどころ端折ってる(てゆーか、吹けないんだったら、無理して速く演るコトないのに…)。で、速いテンポであるがゆえに、どうしても手クセに頼りまくっているフレーズ(だから、無理して速く演るコトないのに…)。さらに、その手クセのバリエーションが少なすぎ…。んでもって、高音域は伸びないわ、全体的に音が抜けてないわ…、と、非常にお粗末。

「なんだよ。今のオレが酔っ払って吹いたって、コレ以上に吹けるぞw」

と荒れたくなるのを抑え、帰宅…。

帰宅後、家人に訊いてみる。

「なぁ…。現役時代のオレの演奏って、カッコ良かった?」

家人曰く、「カッコ良かったし、巧かったと思うけど…。あなたの場合、世渡りがヘタだったからねぇ…」

まだ、ステージに未練を持っているのかな>自分

ちなみに、上述のサックス奏者。ド素人だと思っていたら、結構色々なトコロで、ソレなりに活動をしているプロミュージシャンであるコトが判明(汗)。

"過去のコトは、過去のコト" と思おうとしつつも、まだ引きずっている自分がいるのが、ちょっと情けない…。

|

« Old Bottle の中の New wine は、いつまでも New wine たりえるのか…。 | トップページ | ちょっと吹いてみた »

コメント

過去があったからこそ今の自分がある。それで良いと思います。

投稿: はじめ | 2006/09/28 19:03

> "怒りを覚えた" ような気がする(笑)。

ここで大笑いした。聴いてしまった自分にな。

投稿: みね | 2006/09/28 21:29

 どんなズークな内容の演奏でも、アタシは、プロのミュージシャンの方には、ほんと、1ミリも頭が上がりません。いや、マジで。

 プロになれなかった自分への反作用かもしれませんが(笑)。

 でも「オレは音楽で喰っていくんだ! 喰って行けなくても音楽をやるんだ!」っつー心構えには、心から尊敬の念を抱いております。

 やっぱ、すげーよ。人間としての器が違うです。

 あ、元プロのchannel5さんにも、一応尊敬の念を(笑)。

投稿: Go-chang | 2006/09/28 21:36

ジャンルは違うけど、ロックな世界にいて、一度ステージには魔物が潜んでいるコトを知ってしまった人(ミュージシャン)は、そこから抜け出せない、と思ってるんですけどね~(^_^;)うひひ

投稿: ma-sami | 2006/09/29 11:01

はじめサン>
そうですねぇ…、確かに、あの過去が無かったら、今の自分はあっただろうか…。
今は、そう考えて、ポジティヴにやろうと思ってます。

みねサン>
わかるでしょ?(笑)
何に腹が立つって、"うっかり聴いちまった自分" ってぇヤツに腹が立ってしまったわけで(爆)。
まぁ、自分もかつては、色々なトコロで、そう思われてしまったのかもしれないけれども…(汗)。

Go-changサン>
つい、この前BassのIサンと呑んでて「プロでいられるかどうかは、楽器を奏でる技術ではなく、"世渡り" と "心構え(もとい覚悟)" で決まる」というハナシをしてました。
そういう意味では、色々な意味で "プロは違う" と思います。
少なくとも自分には、その心構えがまるで無かったし(爆)。

ma-samiサン>
嗚呼、痛いトコロを…(笑)。
講師もやめちゃって、文字どおり完全にアマチュアになってしまったのですが、やっぱりもう一度 "魔物" に逢いたいと思ってしまう自分もいるわけで…。
そういう意味では、結構悶々としてたりします(笑)。
あんまり悶々としちゃったんで、昨夜久々に吹いちゃいましたよ(爆)。
いやぁ…、ステージって怖い。

投稿: channel5 | 2006/09/29 16:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/12071680

この記事へのトラックバック一覧です: Spain:

« Old Bottle の中の New wine は、いつまでも New wine たりえるのか…。 | トップページ | ちょっと吹いてみた »