« ライヴだった夜 | トップページ | 呑むコトが多い日々… »

2006/08/21

結構GoodなL.A.Sax

さて、先日のライヴ直前(当日だったりするのだけれども)に、突然衝動買いしたL.A.Saxのマウスピース(ソプラノ用)。試奏もせず購入し、いきなりリハも無いまま本番で使用した(爆)のだけれども、結果はなかなかGood。

ものすごく簡単に言えば、"いい意味でも悪い意味でもデュコフとガーデラの中間" という感じのマウスピース。デュコフより基本的に丁寧な作りになっているせいか、あまり音が暴れず、高次倍音を多く含んだ上で、スムースに色々なジャンルの音楽に対応できるという感じ。ソプラノサックスでラバー系のマウスピースを使用する際に、最も懸念される "音量の無さ" もいい具合でクリアされており、まぁかなり使えるといったトコロか…。

でも、いわゆる "当たり" なデュコフの最大の魅力である "良い意味での野性味" が完全にそぎ落とされてしまっている感じがするので、いわゆる "デュコフのホントの魅力" を出していきたいヒトにはちょっと不向きかもしれない。

で、総じてデュコフよりは良い感じがするのだけれども、だからと言ってガーデラに匹敵するかといえば、そうでもなかったりして…。ガーデラの持つ "コントロール性" は、正直言ってあんまり期待できないかもしれない。(もちろん、L.A.Saxも、上手く使いこなせば、ガーデラっぽい結果が期待できるのだけれども、使いこなせるまでに、もとい "お互い分かり合えるまで" に、ガーデラより多少の時間を要するといったトコロか…)

ただ、ある程度吹きやすく、かつ個性も十分出せるというような性格を持つマウスピースであるコトは確か。そういう意味では、コストパフォーマンスを考えると、十分魅力的なマウスピースかも知れない。少なくとも "ヤナギサワのメタル" を選んでみる前に、一度試してみる価値はあるかも。

しかし、残念なコトに、このマウスピース。現状流通している量がきわめて少なく、なかなか見つけるコトができない、というのが難点。いいマウスピースなんだけどねぇ…。

|

« ライヴだった夜 | トップページ | 呑むコトが多い日々… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/11542991

この記事へのトラックバック一覧です: 結構GoodなL.A.Sax:

« ライヴだった夜 | トップページ | 呑むコトが多い日々… »