« 嗚呼、技術って | トップページ | 最近見つけたすぐれモノ »

2005/08/03

嗚呼、Sam Taylor

最近、"ガトー・バルビエリ" がアタマの中をグルグル回っているchannel5。
色々と聴いていると、音色自体が強烈なインパクトを持っているコトに気付く。

そんなコトを考えながら "家人の実家の店"(@東銀座)でカツカレーを食べていた(笑)。

#いや、家人が妊娠しているってコトもあって、最近あまり家事に負担かけないようにしているのだ…。

で、そんなときに聴こえてきたテナーの音。

Sam Taylor だった…。

よくよく聴いたら、結構この二人って、音の系統が似ている。
両者とも "いい意味でも悪い意味でもクサい" のさ。
ただ、ガトー・バルビエリの方が、若干 "暑苦しい" ようなイメージがするけれど(もちろん、けなしているわけではなく、あくまでも "ほめ言葉" で)。

そういえば、以前(プロ時代)バラード系の曲を吹いていたら、誰かから "お前のテナーは、Sam Taylor のようだ" って言われたコトがあったっけ…(汗)。

ちなみに、先日のライヴで、一緒に演ってた "某ハープ奏者"(写真右)からは、"お前のテナーは、ファラオ・サンダースのようだ" と言われていた気が…。

みんな、それぞれ色々と言うのだけれども、共通しているのは "アツい" or "クサい" って系統のプレイをするってコト(爆)。

嗚呼、ホントは "シブい" 音で "Coolな" Jazzを演りたかったんだけど…(涙)。

・・・どうせ "Honker" だし、"Screamer" だし、ついでに言えば "Bar-Walker" だよっ!(笑)。

※ "Honker"、"Screamer"、"Bar-Walker" については、こちらを参照のコト。
(出展:"ブホブホ・ブラボー!" )

なんで、みんなあんなにCoolにJazz吹けるんだろ?(笑)

|

« 嗚呼、技術って | トップページ | 最近見つけたすぐれモノ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/5292427

この記事へのトラックバック一覧です: 嗚呼、Sam Taylor:

« 嗚呼、技術って | トップページ | 最近見つけたすぐれモノ »