« まとめて買い物 | トップページ | 閑話休題(笑) »

2005/06/01

過去は追憶へと…。(2)

というわけで、"ありえないコト" が起こってしまったのだけれども。

まぁ "過去は美しいまま追憶へと変わってもらおう(笑)" というコトで、エントリーを書いた後は、特に引きずるコトは無く、平穏な毎日を過ごしているハズだったワタシ。

なぜ "ハズだった" のかというと…、

ハガキが届いたんだな。彼女から。

"先日はご来店、お買い上げ頂きましてありがとうございました"
というフレーズから始まっている、いわゆるご挨拶的なハガキなのだけれども。

"うん、いわゆるCRMの王道ケースだ" と考えてしまえば、ソレまでなのだけれども、かつての関係が関係だけに、やはりどうしても "縦読み" するとか(もちろん、実際に縦に読んだわけじゃぁないので、念のため…)、何らかの "ダブルミーニング" を探してしまう自分がいたりする。

"○○様(家人)の体調を気遣いながらお洋服のアドバイスをしているご主人様を見ていて、本当に素敵なご夫婦だなぁと思いました"

という文などを読んでいると、ちょっと複雑になってしまう自分がいるのを認めざるを得ないわけで…。

"是非また3人で、一緒に遊びにいらしてくださいませ"

もともとの彼女の性格をよく知っているだけに、"あ…、無理してる…" と、余計なコトに気付いてしまう。

一旦、そういう点に気付いてしまうと、どうしても止まらなくなってしまうわけで。
"エレベーターの扉が閉まる瞬間の彼女の表情" が、やけにリアルに思い出されたり、"あの時、彼女は何を言いかけたんだろう…、" と、やたら気になってみたり…。

いや、恐らく自分の "思い込み" に過ぎないと思うし、実際にそうなんだろうけれども…。

|

« まとめて買い物 | トップページ | 閑話休題(笑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/4361976

この記事へのトラックバック一覧です: 過去は追憶へと…。(2):

« まとめて買い物 | トップページ | 閑話休題(笑) »