« で、高熱に苦しんでたわけだが | トップページ | 腰が… »

2005/05/17

初めての点滴(笑)

というわけで、昨日は、あまりにも熱が下がらないので(なんせ、ひたすら40℃近くの状態で、丸々2日ほど経過してたので)、いい加減どうにかしようと、フラフラの状態で近所の病院へ…。

一応日曜日にも(別の)病院に行ってて、それなりに診察はしてもらってはいたのだけれども、どうも処方された薬が軟弱だったと見えて(爆)、大した効果は得られず…。

(いや、ソレでも一瞬40℃あった熱は39℃に下がったんだけどね…)

で、あまりにもどうしようもないので、とりあえず "もっとパワフルなクスリをくれぃ" と、改めて病院に駆け込んだわけで。

すると、思いっきり別な意味で "妙齢"(つまり "微妙な年齢" って意味なんだけど) な、女医サンが、"じゃ、いっそのコト点滴しちゃいましょ" というコトで、初めての点滴と相成ったわけで…(爆)。

で、これまた別な意味で "妙齢の" 女性なアシスタントに連れられて、"処置室" なる部屋へ…。で、そのアシスタントさんによって用意された、なにやら怪しげなクスリが、約100ccほど入った容器に入れられて、上のほうに吊るされ、いざ針を刺されるわけだけれども…。

"あれ? なかなか入らないですね…"

(あの…、かなりウデ痛いんですけど…)

というわけで、2度ほどやり直して ようやく点滴開始…。

ちなみに、点滴が終わったのと目が覚めたのが、ほぼ同じタイミングだったので、結局何が起こっていたのやら…(爆)。

とはいえ、おかげさまでとりあえず体調はかなり元に戻りつつある状態。

明日から普通に動けるかな?



|

« で、高熱に苦しんでたわけだが | トップページ | 腰が… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/4164748

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての点滴(笑):

« で、高熱に苦しんでたわけだが | トップページ | 腰が… »