« 学校公演 | トップページ | これから九州へ »

2004/11/20

先生な一日

さて、今日は朝から先生な一日。朝早々に飛び起き、電車に揺られて調布まで…。
家から何気に一時間半かかるので、結構大変だったりもする。

今日は10:00から16:00まで、5人の生徒を立て続けに教えてた。
全員つい最近サックスを始めたばかり。

思えば、自分はサックスを始めたとき、特に先生と呼べるヒトがいなかった。全部我流。おかげで、最初はずいぶん "間違った" やり方をしていた。
ソレこそマウスピースやリードの選び方だったり、楽器の構え方だったり、そしていわゆる "アンブシュア" だってむちゃくちゃ。タンギングも呼吸法も、ロクなモンじゃなかったわけで…。

結局、最終的には自分ですごく遠回りをして、どうにかモノになったような気が…。

だから、今生徒に教えているコト、そのほとんどは自分の失敗談がベースになっていたりもする。
ソレが一番の教材になっているコトを信じて…。

今、某音楽教室の生徒とは別に、自分の技術やフィーリングを伝授している "愛弟子" に対してもそう。
特殊な技術も含め、かなり通常とは違ったコトを中心に教えているけれども、ほとんどが、自分自身で仕事の現場で身に付けたり学んだりしたコトばっかり。
ある意味、どの教則本にも書かれていないし、学校でも決して教えてはくれないだろう。
そうやって、"生きたテーマ" を教えるコトによって、より実践的に学べるだろうと思っている。

私が伝えたコトを身に付けたプレイヤーは、今後どうなっていくだろうか…。
ソレもまたひとつの楽しみ。ある意味、コレは教えているヒトにしかわからない、至福の喜びかもしれない。

|

« 学校公演 | トップページ | これから九州へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/2016210

この記事へのトラックバック一覧です: 先生な一日:

« 学校公演 | トップページ | これから九州へ »