« Tokyo On My Mind | トップページ | Varsity Jacket »

2004/11/13

そもそもジャズミュージシャンって?

今日は、"某音楽教室" で先生やってたわけですが、普段より早く終わってしまったので、帰宅して自宅で色々な調べモノ…。
例によって、色々なサイトを徘徊してたんですが、そんな中で、またまた反応してしまったサイトを発見。
サイト自体はあえて伏せときます。個人的にちょっとツッコミを入れてしまうので…。

いや、いわゆる "ミュージシャン" にも色々と種類があるわけですが、その種類についてちょこちょこと解説していたんですね。

たとえば…、

スタジオミュージシャン
スタジオミュージシャンとは、歌手やタレントのアルバム、CM、BGMなどのレコーディング場面における演奏家をいいます。譜面に強いのはもちろん、プロデューサーやアレンジャーの期待に沿うよう、様々な演奏スタイルを熟知していなければなりません。

って感じ。
うん、確かに間違ってるわけじゃぁないです。
以前スタジオのお仕事やってたときは、ソレはソレは譜面で大いに悩まされたし(笑)。
その場であれこれ構成だったり雰囲気だったりが変わることも多いので、対応力は重要だったし…。
ある意味、めちゃくちゃ大変でした。

結構ウケたのがコレ。

ツアー・サポートメンバー
アーティストのバックバンドとして、コンサートツアーに参加するメンバー、ミュージシャンです。そのようなサポートメンバーには、各地、各ホールなど様々なコンディションの中、ベストなパフォーマンスが要求されます。また旅好きであることも必要な条件です。

確かに当たってるかも。
とりあえず、色んな会場があります。ロクなPAが無いような場所や、野ざらしの野外や、メンバー全員入るかどうかも怪しいくらい狭いステージとか…(爆)。
とにかく同じコンディションで出来るなんて、まずありえない(笑)。
ソレに、いったんツアーに出たら、何ヶ月か帰って来れません(涙)。
帰ってきたら、電話やら電気やらガスやら水道やら、そっくり止まってて、焦ったコトも(爆)。

で、ジャズミュージシャンについては…、

ジャズミュージシャン
ジャズミュージシャンは、ジャズのフィーリングを持ち合わせ、頻繁に演奏されるスタンダード曲を熟知していなければなりません。しかも、ジャズの伝統的な感性や手法、テクニックを踏襲しながら、自分のオリジナリティを追求する姿勢が要求されます。

だって(笑)。
一見すごく詳しく書いているように見えて、すっごくアバウト(爆)。
そもそも、"ジャズのフィーリング" って何だろう?
"ジャズの伝統的な感性や手法" って?
ちなみに、私は "頻繁に演奏されるスタンダード曲" ってのがどんなモノなのかよくわかりません。今まで演りたい曲を演りたいように演っていただけなので(笑)。

しかし、オリジナリティって何だろう?

いや、そもそもジャズミュージシャンって何だろうね?
少なくとも、自分は見事に、コレに当てはまっていないので、ジャズミュージシャンじゃぁなさそうだけど(笑)。

|

« Tokyo On My Mind | トップページ | Varsity Jacket »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/1950869

この記事へのトラックバック一覧です: そもそもジャズミュージシャンって?:

« Tokyo On My Mind | トップページ | Varsity Jacket »