« 試聴できるみたい。 | トップページ | 我が師匠 »

2004/10/25

愛弟子よ…

以前のエントリーにも書いたとおり、私には今、愛弟子がいます。
コレまでにも、何人かのサックス奏者を教えてきましたが、事実上、コレが最後です。

やっと自分の持てるモノを全て託せるプレイヤーが見つかった、というのが正直な感想。
全てを伝授して、自分と同じような演奏をし、かつ自分を超えていったとき、本当に隠居しようと思っています。

愛弟子は、現在プロミュージシャンとして、自身でも弟子を取ってサックスを教えたり、様々なミュージシャンと、様々なライヴに参加している期待の若手。

既に現役を退いた私に "テナーサックスの使いこなし方を教えてくれ" と言ってくるあたり、かなり面白いヤツです(普通ならプライドが許さんだろうに…)。

もともと、初めて演奏を聴いたときから、"かなり面白い個性を持ったヤツだなぁ…" とは思っていました。同時に、その反面、"その個性が、時としてアダになるかもしれん" とも感じましたが…。

愛弟子は、現在奏法を改造中。おそらく次に教えに行くときには、かなりカタチが変わって、いいサウンドを出せるようになっているコトでしょう。
自分を超えていくのも、時間の問題だと思っています。

ただ、この国のミュージシャン業界は、得てして個性的な存在を排除していくもの。
本来は、個性で勝負していかなくてはならない業界であるはずなのに、皮肉なモノです。

そういう世界でつぶされてしまわないかどうかが、私の唯一の心配事。
愛弟子には、自分と同じ目にあってほしくないのです。

"つぶされるなよ…"

|

« 試聴できるみたい。 | トップページ | 我が師匠 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/1770661

この記事へのトラックバック一覧です: 愛弟子よ…:

« 試聴できるみたい。 | トップページ | 我が師匠 »