« Channel5 診療所(笑)・第3回 | トップページ | 嗚呼、会社員 »

2004/10/21

2000年5月15日

言うなれば、コレは、このエントリーに関連づくものであり、また、コメントを寄せていただいたミュウさんに対する返信に近いものがあるかもしれません。

2000年5月15日、ソレは自分が "専業ミュージシャン" として最後のライヴを行った日でもあります。その翌日、私は "サラリーマン デビュー" をしました。

最後のライヴを終えた翌朝から、まるで違った生活が始まってしまったので、今の今まで、"なんで自分は専業ミュージシャンをやめてしまったのか" というテーマについて、ゆっくりと時間をかけて考えるコトがありませんでした。
今もそうなのですが、やめた当時は、今以上に、ある意味 "人生立て直す" 作業に一生懸命でしたから。

ここ4年半近く、よく訊かれました。 "なんでやめちゃったの?" って。

そのたびに、"もう疲れたから" とか "いやぁ、食うや食わずの生活が辛くて…(笑)" と嘯いていたわけですが、ホントのところ、なぜだったんだろうか…。

自分でもあやふやでした。

やめた今でも、時々 "仕事で" ステージに上がったり、スタジオに入ったりしている。
自分が最近録音に参加したアルバムも、昨日めでたくリリースされました。
今年の5月15日。自分が専業であるコトをやめてから、ちょうど4年経った日。昔の仲間を集めて、昔よく演っていたライヴハウスで演奏してみました。でも、なんだかよくわかりませんでした。

自分のプロ時代、って何だったんだろう?
自分の今の姿って何なんだろう?

実は、昔の音源を聴いて、ようやく吹っ切れてきた気がします。

なぜやめたのか、やめてよかったのか、そして今の姿って何なのか。

ソレを書いたり話したりするには、まだもう少し時間が必要かもしれません。
ソレができるようになったら、この "追憶の~" も終わってしまうかもしれないし。

少なくとも今は、音楽好きだし、楽器吹くのも好きだし、でも今の姿って、いいと思うし。ソレでオッケー。

|

« Channel5 診療所(笑)・第3回 | トップページ | 嗚呼、会社員 »

コメント

 「プロ世界とは何の関係もない私が、こんな話題に登場して
いいのかしら?」と、実はちょっと心配になってきましたが、
「偶然昔の音源を聴いた」「心惹かれるものがあった」……
これも何かの縁ということで、レスしますね。

 プロをやめてしまった心の痛みというのはあると思いますが、
channel5さんの書き込みに全く暗さは感じられなくて、むしろ
自分に正直で清々しい生き方に見えました。
『少なくとも今は、音楽好きだし、楽器吹くのも好きだし、
でも今の姿って、いいと思うし。ソレでオッケー。』
という言葉に象徴されているように……

 音楽とは全然関係ないですが、私もある方面のプロを目指して
頑張ってた時期があります。一応それを仕事にしてたことも
あります。 でも、「フリーとして仕事をする」って厳しいです。
自分の力不足を感じて、仕事をやめて勉強しようと思いました。
でも、根性なくて挫折の連続です。(笑) 「なにやってんだろう」
って、自分でも思います。でも人生を諦めたわけではありません。

 今は今。 でも、前向きに生きて行けば、また新たな道が
開けていくのかもしれません。 channel5さんが、音楽から
離れることがないのと同じで、私も、一生「私の目指したもの」
の傍に居続けると思います。どうなるかは分からないけれど、
とりあえず勉強を続けることにしています。

 矢野さんはプロとしてやってきた方ですが、それでも、
その活動を見ていると、ひしひしと苦労が伝わってくるのです。
音楽への共感だけでなく、生き方への共感もあるから、
何としても応援したいと思ったのです。
でも、それは結局は、私自身への応援歌なのかもしれません。

 私は、channel5さんに対して、「頑張ってください」
という言葉しか言えないですが、音楽に浸っている瞬間だけは
何もかも忘れて楽しみたいと思っています。
 

投稿: ミュウ | 2004/10/22 09:53

ミュウさん>

丁寧なコメント、ありがとうございます。

>  今は今。 でも、前向きに生きて行けば、また新たな道が
開けていくのかもしれません。 

自分自身、あまり後ろ向きに物事を考えられないヒトだと思っています。呆れるくらいに…(笑)。

もともと30歳でも "若手" と呼ばれる仕事を、20代半ばで一度やめてしまったのは、"音楽の世界には年齢制限が無い" からです。10年後、20年後に、もう一度戻れるだけの懐の大きさというモノが、厳しいとはいえ、存在するからだと思います。
今は、今で、そのときしかできないことをやるために、あえて音楽からちょっとだけ距離を置こうと思っているのです。

とはいえ、続けるコトは大事。
お互いに、長いスパンで見つつ、頑張っていきましょう。

投稿: channel5 | 2004/10/22 19:10

こちらこそ、レスありがとうございます。

>自分自身、あまり後ろ向きに物事を考えられないヒトだと思って>います。呆れるくらいに…(笑)。

あ、確かに性格ってありますね。 私の場合、ポジティブというと
聞こえはいいけど、実はただノーテンキなだけかも……(笑)

いろいろな経験を重ねて、それがまたプレイに反映されて
いくっていうこともあるかもしれないですね。
お互い頑張りましょうね。

投稿: ミュウ | 2004/10/23 07:18

色々な経験を重ねた結果がプレイに反映される、というのは、非常によくあるコトだと思います。

いわゆる専業で演奏するコトをやめて、何が一番変わったかって、演奏中 "余裕を持てる" ようになったという点だと思います。生活に直結するかしないかの差ひとつで、ずいぶん演奏って変わるなぁと実感した記憶があります(笑)。

昔から知人にも、"引退してからの方がよくなってる" というヒトもいます。

ソレを支えに、気長に続けていこうと思う今日この頃だったりもします。

投稿: channel5 | 2004/10/25 17:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5151/1739184

この記事へのトラックバック一覧です: 2000年5月15日:

« Channel5 診療所(笑)・第3回 | トップページ | 嗚呼、会社員 »