2007/03/19

懐かしいという感覚が頻繁に訪れる日々

あ…、およそ1ヶ月のブランク。その間、別に何をしていたというわけではないのだけれども。

ある時は仕事をしていて、ある時はコドモと遊んで(遊ばれて)いて、ちょっとだけ楽器も取り出し、淡々としたようで、実はそうでもなかったかも知れない1ヶ月。

というわけで、ちょっとしたお休み期間から脱して、久々に追憶する200X年。

ここのところ、どういった偶然か、頻繁に "懐かしい" と感じる出来事に遭遇する。

デスクでいつもどおり(追われながら)シゴトをしていると、私を呼ぶ声。ふと眼をやると、見たことのある顔。一瞬思い出すのに時間がかかったけれども、それは高校時代の後輩。突然同じ企業に身を置くことになったというのは、以前のエントリーで書いたのだけれども、彼が打ち合わせのついでに、私のデスクまで訪ねてきた。トータルで結局15年ばかりUSに住んでいたらしいけれども、彼は全然変わっていなかった。

「また近日呑みにでも…」ということで、しばしの再会を喜ぶ。

そういえば、久しぶりに楽器を手にしたんだっけ。ふと思い立って "中延某所" に楽器手にして向かったのを思い出した。

演奏しているメンバーはもちろん、演った曲、そして、あの空間。何よりも、手に伝わってくる楽器の感覚自体が、やたらと懐かしいものに思えてくる。そういえば、今年に入って、楽器を触ったのは、まだ3回目。ウデの衰えは、もはや食い止めようも無いような気がするのだけれども、まだ誤魔化しつつやっていけるかな…。

そうそう、懐かしいと言えば、テレビで懐かしい顔を3人ほど。

休日の朝に、コドモと戯れながら、ぼんやりとテレビをつけていたら、ふと飛び込んできた懐かしい顔

彼は変わらず元気そうだった。そういえば、最後に彼と演ったのは、もうずいぶん前のコトなんだ…。今でも変わらない彼の物腰。これからもっともっとブレイクしてほしいなと思った休日の朝。

やはり週末。今度はもっと懐かしい顔だった。彼といつも一緒に演奏活動をしていたのは、もう10年くらい前…。当時から彼は "一味違う" 何かを持っていたような気がする。結局、ある日袂を分かち、彼はそのまま日本のJazzシーンをどんどん駆け上がり、自分は試行錯誤を繰り返しながら、自分の音楽を探しに行ってしまった。

機会があったら、もう一度一緒に音を出してみたいな、と思いつつも、"もう、住んでいる世界が色々な意味で違うんだよな…" という思いもあったりして。

彼にも、どんどん頑張っていってほしいな。自分の世代の代表みたいなもんだから。

しかし…、彼を久しぶりに観た番組が、かつて自分の家人が大いにシゴトで関わっていた番組だというのも、何かの因縁か…。

同じく週末。天気がいい朝、コドモを連れて外出。チャイルドシートに座らせたコドモを時折あやしながら、親子二人でドライヴ。何気なく流していたラジオから、昔聴きなれたサウンドが。

「まさか…」と思いながら聴いていたギターとアルトサックス。やはり彼らだった(その "彼ら" は、ページ中段あたりに)。

日本の Jazz シーンをどんどん駆け上がっていってしまった彼と一緒に、よく演ったコトがあったっけ。やはり、強烈な個性と技術で、非常に目立っていたのをよく覚えている。ギタリストの彼とは、何度か同じステージに立ったくらいのコトしかないけれども、サックス奏者の彼は、以前よく路上で一緒に演っていたりと、思い出も多い。

何よりも、自分が引退(というか、ほとんど "失踪" に近いもんだったりもするけれども)した後、その後のシゴトはほとんど彼がやっていたりするし…。

そういえば、まだ懐かしい顔を見かけたんだっけ。やはりぼんやりとテレビをつけていた時、ふと大学時代の友人の顔を見かける。彼もどんどん名を上げ、すっかり有名になってしまって…。日本に帰国して早々、大学に通い始めたばかりのころ。彼と机を並べて、一緒に中国語を勉強していたのは、もはや遠い昔か…。

なんだか、やたらと懐かしい顔を見かけた日々。彼らに幸あれ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/02/06

14年振りか…

自身が身を置いている企業は、それこそ毎月のように、多くの人間が入れ替わる。やめていくヒトも多いけれど、新しいヒトも入ってくるわけで。

で、今月も2月1日付入社のヒトたちがやってきた、というアナウンスが、社内に流れた。様々な部署に対し、たくさんのヒトがやってくるわけだけれども、おそらく、この中で一度も顔を合わせずに終わってしまうヒトも多くいるんじゃないかなぁ…、と思うわけで。

そんなコトをふと考えながら、新入社員の名前がずらずらと記されているリストを眺めていると(いや、普段は全くと言っていいほど見なかったりするんだけれどもねぇ…)、どこかで見たコトのある名前を発見。

あ、ひょっとして…、と思ってメールを出してみたら、やっぱりそうだった。

14年振りに名前を見た、高校時代(アメリカのね)の後輩。聞けば、高校卒業後、そのままシカゴの大学へ進学し、さらにNYに移り住み、つい先日日本に帰国してきたとか。「かれこれ15年くらいアメリカにいました」なんて言っていたけれど、そんなに時間が経っていたんだ…。

ちなみに、彼は違うビルにある部署に配属されているため、なかなか顔を合わせるコトは、実は無かったりもするのだけれども。

しかし…、本当にすごい偶然だよなぁ…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/01/17

"彼" に続く若者たち

と書くと、ものすごく大げさではあるのだけれども…。

既に色々なトコロで話題になってはいるけれども、"彼" の訃報以降、数々の映像が YouTube に登場してきているわけで。で、ワタシもシゴトそっちのけ(爆)で色々と観ていたのだけれども、こんな映像を発見。

自分も、高校時代に同じような感じで音楽を演っていたので、ものすごく懐かしくなって…。

central east side jazz band-some skunk funk

高校(アメリカ)のJazzバンドで、"Some Skunk Funk" を演奏している映像。そりゃぁ、内容は稚拙で、アンサンブルなんか全然揃っていなかったりするんだけれども、ついつい最後まで聴いてしまったりして。

思えば、高校時代、こんな感じで毎日毎日学校の授業で、ビッグバンドやってたっけ…。さすがに Some Skunk Funk は演らなくて、Count Basieのレパートリーを結構メインにしていたけれども。

なんか、あの当時は楽器を吹くのが、ホントに楽しかった気がするなぁ…。思えば、あの当時の演奏体験が無かったら、その後毎日のように人前で演奏するようなコトしてなかっただろうに(笑)。

そう考えると、自分のミュージシャン時代って、この映像に出ているような高校生の頃の延長みたいなモノだったような…(爆)。

※だから "オトナ" な演奏ができなかったのか…!

この高校生たちの中から、ひょっとして "未来のMichael Brecker" が誕生するのかもしれない、と思うと、やっぱりアメリカって層が厚いんだねぇ…。

ふと思い出した、自身の高校時代。なんか、"彼" の死によって、また少し "青春の日々" が遠くなっていってしまったような…。

Donald Fagen の "Nightfly" の4曲目、"Maxine" の中でひと際輝く "彼" のソロを聴きつつ…。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006/12/18

彼が生まれた病院へ

疲れをまとめて吐き出して、ゆっくりと休んだ土曜日。そして一夜明けた日曜日。この日は久々に楽器を持って、病院へ向かう。

いや、別に医者にかかるとか、そんなのではなく、ただ単に演奏をしに。

ワタシが、かれこれもう7年以上も付き合っている、ボランティア活動を中心にしているバンドが、この病院のクリスマスパーティーで演奏をする、というコトで、その助っ人として参加したわけで。

ちなみにワタシが、家人と知り合ったのは、このバンドに最初に助っ人として参加したとき。もう、7年になるのか…。

そして歳月は流れ、結婚して、コドモが生まれて、昨日は、そのコドモが生まれた病院で、このバンドと共に演奏をすることに。なんとなく不思議な感じ。

この日、別な場所で、午前中に1ステージ演っていたバンドに合流する形で、病院に向かう。もちろん、ワタシだけではなく、家人も、そしてコドモも一緒。そういえば、バンドメンバーは、コドモに会うのは初めてだったんだっけ…。

ワタシは、すでに最近何度かバンドメンバーに会ってはいるのだけれども、家人は何年ぶりの再会になるんだろうか…。久しぶりのメンバーに会って、話も弾む家人。そしてコドモも人見知りせず、音楽を聴きながらニコニコしている。

気づけば、この子も、間もなく1歳の誕生日。

彼が生まれた病院で、彼女と知り合ったバンドと一緒に過ごしたひととき…。時間は経ったけれども、なにもかも変わっていなかったような気がする。

ふと感じたノスタルジー…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世は移ろへど

久々に訪れた、あの店。ここ2年近くすっかりご無沙汰だった場所。

自分の20代が、まるまるすっぽりと詰まった空間で、その時間の流れの中で起こった全てを見てきたであろう、あの人とひたすら痛飲した夜。

21時頃から流れ始めたアルコールは、そのまま6時間ほど五臓六腑をめぐり続け、気づけば27時を回っていたりもして。

止まることなく流れ続けるアルコールに押し流されるように出てくる数々のハナシ。

ソレは音楽のハナシだけではなく、最近のインターネット技術のハナシだったり、コドモの教育についてだったり…。もちろん、店内の空間いたるところから見え隠れする、自身の20代の残り香だったり…。

自身の周辺を去来してきた数々のヒト達。ハナシを聞けば、みんなそれぞれ変わっていたり変わっていなかったり…。

でも、確実に変わらず、今もなお自身の心を癒してくれるかのように存在する、この店の空間と主。ソレは、世は移ろえど、自身も変われど、あの時のままだったりもする。

この空間があるから、そしてあの人が、いつも、いつまでもあの人でいるからこそ、今の自分は、こうしていられるような気もする。まさに、ある意味ホームタウンのような…。

そんなこんなで、ひたすら痛飲した先週木曜日。

まさか、翌日も同じ場所で、午前様になろうとは、想像だにしなかったのだけれども(爆)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/11/21

そういえば、もうすぐだった…

気づけば、11月も終わりに近づきつつあるわけで。

チケットをGETしたときは、まだ夏の暑い最中だったけれども、いつの間にやら、こんなに肌寒くなってしまって…。

というわけで、来週はBilly Joelなのね。11/28 と 11/30 が東京ドームでの公演。危うく忙殺されて忘れてしまうトコロだった(爆)。

前回の単独来日公演は1995年(だったかな?)。実はBilly Joelを聴くようになったのは、その頃からだったような気がする。1993年の "THE RIVER OF DREAMS" 以来、オリジナルアルバムを出していないので、ワタシは、ちゃんと彼を聴くようになってから、"ニューアルバムが出る楽しみ" を全く知らなかったりもするわけで(笑)。

今も折に触れ呑む旧友が教えてくれた "Just The Way You Are" 。ソレを聴いて以来、現在に至るまでずっとBilly Joelを聴いている。

もちろん現役時代は、自分でBilly Joelの曲を演奏したりもしたっけ…。

"Just The Way You Are" はもちろんのこと、"New York State of Mind" や、"She's Always A Woman"、それに "She's Got Away" も演った気がする。

今は、自分で演奏するコトは無いけれども、シゴト中や運転中でいつも聴いていたりする曲。

Liveで聴くのは初めてなだけに、ものすごく期待していたりする。いやぁ…、"New York State of Mind" の、あのイントロが出てきた日にゃぁ、絶対涙するぞ(笑)。

(おそらく演るコトはまず無いと思うけれども)"Just The Way You Are" なんて出てきたら、もう涙は滝のように溢れるぞ(爆)。

というわけで、今から楽しみにしている11/30。

・・・間違っても、出張なんて入らないよなぁ。昨年の Sonny Rollins の最後の来日公演も、間際でUSに行くってコトになって、泣く泣くチケットをヒトにあげちゃったから(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/18

プロフェッショナルに悩む

"プロフェッショナル,って何なのでしょう。それは楽しさを求めることとイコールではない?"

というフレーズが、友のBlogの、とあるエントリーの最後に記されていた。

"プロフェッショナル"。思えば、10年以上、この言葉の定義に悩み続けているような気がする。

知ってのとおり、ワタシは少なくとも6年半前までは、楽器を演奏するコトを生業にしていた。つまり "プロフェッショナル" なミュージシャンだったわけで。 

その頃から "プロフェッショナル" の定義ってのが、よくわからなかった。(売れない)自由業なヒトが集まっちゃうと、結構、こういう話題になっちゃったりもするのだけれども、「プロフェッショナルとアマチュアの違い」ってのは、ソレこそ、ソレだけで一晩呑めちゃうくらい、話題の尽きないモノだったし、ヒトそれぞれ、色々な考え方をしているわけで。

"名刺作れば、誰でもプロだ" と言うヒトもいれば、"自分のパフォーマンスで(金額の大小は問わず)金を得られるのがプロだ" というヒトもいる。もちろん、他にも "自分のパフォーマンスで得た金銭だけで生活を営めるのがプロだ" というヒトだっている。

色々な考え方があるけれども、一つだけ不思議と共通しているトコロがあって、多くは「"プロとしての自分(像)" を、ちょっと客観的に説明しただけ」だったりする。

自分は、そのとき、どう考えていたかを思い返してみたけれど、少なくとも、自分の考えの中で、"金銭" という概念は、それほど大きい要素では無かった気がする。

(当時)自分が考えていた "プロフェッショナル" って、"どんなに最悪の条件下においても、全員の客に対し、少なくとも不満だけは与えない" というコトだった。

まぁ、もちろん、コレも他人から見れば違っていたりもするのだろうけれども…(笑)。

そんなコトをアタマに置きながら、実際に音楽でシゴトをしていたわけだけれども、ある日、"プロフェッショナル" であるコトをやめ、"アマチュア" に戻ってしまう。そして全く違うシゴトを始めたわけで…。

以来6年半。少なくとも "シゴト" はしている。でも、はたしてソレは "プロフェッショナル" としてシゴトをしているのか、よくわからなくなってしまう時がある。

いや、多分雇う方からすれば、十分ワタシのコトを "プロフェッショナル" として考えてくれているのだろう。実際、自分の名刺には "××××スペシャリスト" なる、勿体つけたような肩書きがあるし、実際 "プロフェッショナルとして期待している" というようなコトも、(コレまでの数多くの)移籍の際に言われ続けている。

いや、別に今のシゴトが楽しくないわけじゃぁなくて。

冗談を抜きにして、真面目にやりがいはあるし、むしろ楽しさも感じるし、(飽きっぽいヒトを自称する)自分自身、"少なくとも、ココで物足りなさを感じるのに、最低でも5年以上はかかるなぁ…" と思っているし(笑)。

前職だって、そうだった。シゴトとしては、とてもエキサイティングではあったのだけれども、残念ながら、周囲と自身での価値観が大きく違っていただけ。彼のBlogの言葉を借りるなら、

「いちおうは真摯な目的を共有して集まった集団の、そのど真ん中でなぜかはびこりがちな怠惰」

ってのに満ち溢れていた。

その "怠惰" がはびこる中、"プロのシゴト" というモノを必死に叫んだコトもあった。まぁ、結局叫んでも、何も変わらなかったし、自分がその "怠惰" に徐々に呑みこまれつつあったというのを感じてしまったがゆえに、移籍を選択してしまったわけだけれども…。 

"プロフェッショナル" って何だろう…。彼が言うように "楽しさを求めることとイコール" だとすれば、自分は、ひょっとしたら "プロフェッショナル" じゃないのかもしれない…。だって、(「楽しくない」と言っているわけではないし、むしろ「楽しい」けれども)積極的に楽しさを求めているかどうかと言われると疑問符がつくわけで…。

むしろ、今最も楽しさを求めているコトって "育児" かもしれない(笑)。

おそらく死ぬまで自身を納得させるだけの答えを導き出せないような気もするけれども、"プロフェッショナル" って、いったい何なのだろう…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/11

馴初めは…。

さて、念入りにマッサージを受け、しっかりリフレッシュをしたワタシ。築地の某整体師のもとから帰宅する途中、携帯が鳴る。

大学時代のサークルの先輩からだ。まぁ、サークルの先輩といっても、実は8年も離れているので、大学時代に一緒だったわけではなく、卒業後に知り合ったのだけれども…。

で、その先輩は現在、とあるアマチュアバンドでサックスを吹いている。そのアマチュアバンドは、年に数多く、老人ホームや、その他福祉関連の施設で慰問演奏を中心にしているバンド。

実は、現役時代(ほとんど引退直前のとき)、一時期、そのバンドにお世話になったことがあった。当時自分がシゴトをしていた、とあるバンドのメンバーであるベーシストから、ある日「サックスでメンバーが欠けちゃったんだけれども、助っ人で入ってくれない?」と頼まれたのがきっかけ。

今回、先日のOB会で、上記の先輩と、このバンドのハナシをしていたのだけれども、電話の内容は、案の定「今度の演奏で、メンバーが欠けちゃってるから、お前、テナー持ってちょっと来い」といったモノ(爆)。

というわけで、10月22日。実に何年かぶりに、このバンドに参加するコトになったワタシ。考えてみれば、3~4年(いや、もっとかな?)ご無沙汰な気がする…。

で、このエントリーのタイトル、「馴初めは…」なのだけれども、実は家人と初めて会ったのが、このバンドだったりする(笑)。
まぁ、このバンドに助っ人として入らなければ、自分の今は無かったわけで…。

というわけで、私も家人もお世話になったバンドの演奏、というコトで、久々に家人と、あとコドモ(もちろん、当時はいなかったわけだがw)と一緒に出かけようかな…。

そんなコトもあってか、ふと思い出す馴初め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006/10/05

NHK子供番組テーマ曲集のコンピレーション

 ふと目にとまったニュース。

 『できるかな』『はたらくおじさん』他、NHK子供番組テーマ曲集がDVD付で登場!

教室で、校庭で、そして風邪で休んだ布団の中で、多くの子供たちが口ずさんだに違いない、NHK子ども番組のテーマ曲を集めたコンピレーション・アルバム『あの日の教室~さわやか3組:NHK子ども番組テーマ集』(CDSOL-1140 \3,360(税込)・写真)が発売されます!

嗚呼…、NHKの子供番組といえば、自分は "シゴトの無かったミュージシャン時代" を思い出してしまうわけで(爆)。

シゴトらしいシゴトがほとんど無いとき、一日中テレビばっかり見ていて、気づけば教育テレビの午前中の時間帯の番組はほとんど網羅してたっけ(笑)。

そういえば、当時に比べて、テレビ観る時間が極端に減ったような気がする(当たり前だけどw)。

最近の教育テレビって、どんな番組やってんだろ?
思わず遠い目をしてしまう今日この頃…。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006/10/02

ちょっと吹いてみた・2

実は、木曜日に "ちょっと吹いてみた" 理由ってのは、他にもあって。

土曜日に、自分が学生時代にずっと籍を置いていたジャズ研のOB会ってのがあり、ソコに出席する際に、"少しはマトモに吹けにゃぁ、ハナシにならんだろう" というわけで、ちょっとしたリハビリをしてたわけで。

で、土曜日は15時に全日空ホテル(発足45周年というコトで、とても豪勢)に行き、イベントに参加。

発足45周年というコトで、当然OBもたくさん。自分の父親よりも年上なOBも含め、実に数多くのヒトたちが集まったイベント。

ちなみにワタシは、去年も参加したのだけれども、2年連続で "参加者中最年少OB" になってしまった…。なんせ、一番年の近いOBで、'90年卒(ワタシは'98年卒)、つまり8年年上になってしまうわけで…。

去年は、同年代の人間はまるでおらず、終始ひとり(笑)だったのだけれども、今年は自分の同期が一人だけ来てくれて(忙しくてすぐに帰ったけれどもw)、昔の思い出話に花が咲く。考えてみれば、彼に会うのは10年ぶりか…。

ホテルの宴会場で始まった会が、中締めを迎えたのは19時前。

その後 "2次会" というコトで、その他のOBのみなさんと一緒に代官山へ向かう。ソコでひたすら深夜まで "大ジャムセッション大会" に突入…(笑)。

もちろん、自分もちょこっとまぜていただき、親子ほどの年齢差がある先輩たちと、楽しく演奏をする(・・・って、全員既に大いに出来上がっており、酒のせいなのか、演奏のせいなのかわからんくらいに盛り上がってしまったのだけれどもw)。

久々なので(ついでに家人&コドモは実家に泊まるというコトになっていたので)、存分に長居をし、めいっぱい呑む、そして呑む、さらに呑む…(爆)。

宴会が終わり、気づけば25時を回っていた。実に10時間ほど呑んでいたコトになる(爆)。

そして、ヘロヘロに疲れ切った状態で、バタリと眠りにつく。

吹いた、というより、ひたすら呑んでた一日。翌日目が覚めたら昼過ぎだった(爆)。
嗚呼、久しぶりにはじけた休日(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)